中古パソコンショップやヤフオク、メルカリなどのフリマサイトで「OSなし」のパソコンが売られていることがありますよね。価格は安く設定されていることが多いです。

あとOSをフリマサイトで検索してみると、Windows10などのOSがありえないほど安い値段で販売されています。

「なるほど!」ここで以下のように思う方がいるのではないでしょうか。

「OSなしのパソコンを安く買って、ヤフオクやメルカリで安く売られているOSをインストールすれば最高じゃない!」

実はこれ…結構ヤバいんです。

そこで今回の記事では

  • OSを中古で購入して大丈夫?違法ではないの?
  • 注意すべきことはある?

についてお話していきたいと思います。

OSの中古販売は違法とされている

結論から言いますと、OSを中古で購入するのはアウトと考えた方がいいでしょう。

OSなしの中古パソコンや自作したパソコンにOSを入れるには、OSがインストールされたディスクやUSBメモリーが必要となります。

ヤフオクやメルカリなどのネットオークションでは、中古のOSやノートパソコン用のリカバリーディスク、ノートパソコンから剥がしたプロダクトキーなどが出品されていますよね。

上の画像では即決で500円以下に設定されていますが、これはありえない金額です。

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,778 (2021/05/13 22:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

AmazonのWindows10の販売価格を見てみましょう。通常版で約12000円。Pro版で約15000円ですよ。

これを見ると、どう考えても500円以下というのはおかしいことがわかります。

だって正規品としてAmazonよりちょっと安い価格で出品すれば絶対に売れるんですから。そこをあえて500円に設定する意味がわかりませんよね。

ではこの異常に安いOSは一体何なのでしょうか?

これらの商品は法人(企業)向けライセンスを不正に入手したり横流しされたものなんです。

よってライセンスキー自体は(おそらく)本物で未使用ですが、使用期間が設定されている場合があります。つまり突然使えなくなる可能性があるということです。

特に、中古であり誰が販売しているかもわからないような商品の場合、実際に使用できる保証がどこにもありません。

当然違法ですからフリマサイトで購入したOSについてMicrosoftに問い合わせることはできません。

マイクロソフトからWindowsのライセンスを与えられるのは、そのパソコンやOSディスクの購入者だけ。後から譲り受けた人は使用することができないのです。

仮に中古で購入したOSやプロダクトキーが利用できたとしても、所有する権利を持っていないためライセンス違反となってしまう、ということですね。

マイクロソフトが商品一つ一つについて、「本人が利用しているかどうか」を確認しているかどうかはわかりません。

ですが違法となる以上、こういった中古のOSを購入して利用するのは避けるべきでしょう。

「再生PC用」と呼ばれているOSは個人は使用できない

「再生PC用」と書かれたOSがネットで売られていることがあります。「再生」とあるように、その名前だけを見ると「中古のパソコン向け」であるということはなんとなくわかりますよね。

しかし、これは個人が扱って良いものではないので注意が必要です。

「再生PC用」のOSは、デジタルドラゴン くじらやや、イオシス といった中古PCを専門に扱う業者がマイクロソフトに特別に使用の許可を取っているOSなのです。

つまり、PC販売業者以外の個人がこのOSを利用してはいけないのです。

仮にこれを利用した場合、プロダクトキー認証の関係でマイクロソフトにバレてしまう恐れもありますので注意しましょう。

OSは新品での購入がオススメ!ただしサポート期間に注意!

OS メインストリームサポート終了 延長サポート終了
Windows 7 2015/1/13 2020/1/14
Windows 8、8.1 2018/1/9 2023/1/10

OSがないパソコンにインストールするOSは、中古ではなく新品を使用するようにしてください。

確かにお金はかかりますが、万が一逮捕なんてことになったらシャレになりませんからね。

created by Rinker
マイクロソフト
¥14,778 (2021/05/13 22:01:27時点 Amazon調べ-詳細)

先ほどお伝えしたように、Windows10の新品でも1万5000円もかからずに購入することができます。

ちなみにMicrosoft Windows 10には「Pro」と「Home」がありますが、一般の方であれば値段の安い「Home」を選んで頂いて大丈夫です。

ちょっと長くなるので細かい説明は省略しますが、「Pro」はビジネス向けであり、一般の方が普段使いするなら「Home」で問題ないありません。

ちなみに2016年の7月末頃までは、Windows7や8のOSから10に無料でアップグレードすることが可能でしたが、現在キャンペーンは終了しています。

サポート期間を考えると現段階で購入するOSはWindows10が間違いないでしょう。

Windows7のサポート期間は2020年1月14日で終了していますし、Windows8(8.1)も2023年1月10日までとなっていますので避けた方が無難です。個人の方はWindows10を選びましょう。

パソコンの知識が”それなりに”ある方ならLinuxを導入するのもアリ

「正規品を購入するべきなのはわかるけど…さすがに1万5000円はちょっと厳しい…」

そんなあなたに一つ解決策があります。それは、Linux(リナックス)というOSを導入するという方法です。

Linuxは無料のOSです。Ubuntu(ウブンツ)Linux Bean(リナックスビーン)など様々な種類があり、動作の軽いものからある程度のスペックが必要なものまで幅広く存在しています。

パソコンを動かすには必ずOSが必要です。

「今はOSを買う資金がないけど、余裕ができたらWindowsに乗り換えたい」

という方は、まずはLinuxを導入して利用しながら、お金を貯めてみてはいかがでしょうか。ある程度お金に余裕が出来たらWindowsOSを購入し、使っているパソコンにインストールし直せばOK。

もちろんLinuxを使ってみて「これでもいいかな」と思えればそのまま使い続けてももちろんOKです。

初心者であればOS(Windows10)インストール済みのパソコンがベスト

「そもそもパソコン自体そんなに詳しくないし、OSのインストールはちょっと…Linuxなんて聞いたことがないですし…」

確かに初心者の方にはLinuxのインストールはもちろん、そもそもOSをインストールすること自体ハードルが高いかもしれません。私もそうでした。

Linuxですと、マイクロソフト製のオフィスソフトをはじめ、普段使い慣れているアプリケーションが使えませんからね。

そのような方はOSが入っていないパソコンは避け、最初からOSがインストールされているパソコンを購入するのが間違いないです。

ただOSはサポート期間を考慮して、Windows10がインストールされたパソコンを購入するようにしましょう。

中古パソコンはリサイクルショップやメルカリ、ヤフオクなどのフリマサイトで購入することができますが、高額な取引だけにトラブルに発展するケースも少なくありません。

OSインストール済みの中古パソコンを買うならリサイクルショップなどではなく、保証・サポートがしっかりしている中古パソコン専門店での購入を強くオススメします。

実店舗よりもコストパフォーマンスに優れ、保証が充実しているネットショップを管理人が厳選しましたので、中古パソコンを検討されている方はぜひご覧になってくださいね。

 

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<