【最新】中古のMacBookを買うならどこがおすすめ?注意点やメリット・デメリットについても解説

中古Macどこで買うのがおすすめ?注意点やメリット・デメリットについても解説
  • URLをコピーしました!
  • 少しでも安くMacBookを買いたいけど、そもそも中古のMacってどうなの?
  • 初心者が中古のMacBookに手を出すのは止めた方がいい?
  • 中古のMacBookを買うならどこが良いんだろう?注意することはある?

Appleが販売するパソコン「Mac」には、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMac、iMac Pro、Mac miniなど様々な種類があり、とても人気があります。

デザインもシンプル洗練されているためかっこよく、iPhoneやiPadユーザーの中には「パソコンもMacにしたい」という方が多いのではないでしょうか?

ただネックになるのがそのお値段。どれも非常に高いので、少しでも安く買いたいという気持ちはよくわかります。

そこで、選択肢に挙がるのが中古のMacBookです。

中古のMacBookは、中古パソコンショップやリサイクルショップ、ヤフオクやメルカリ、ラクマなどのフリマサイトでも購入することができますが、どこで買ってもいいわけというわけではありません。

そこでこの記事では、中古のMacBook購入を検討している人に向けて、中古のMacBookを購入する前に知っておきたい情報をまとめました。

失敗しない中古MacBookの買い方やメリット、デメリット、購入時の注意点などについて、わかりやすく丁寧に解説します。

予算は限られているけど…

  • WindowsのパソコンからMacBookに乗り換えたい
  • 既にMacを使っているけど、より新しい世代のMacBookに買い替えたい
  • パソコンデビューがMacBook

このような人には中古のMacBookがオススメ。ぜひ最後まで読んで頂き、状態の良いMacBookを安くオトクに手に入れてください。

「説明はいいから、中古のMacおすすめの購入場所だけ教えてほしい!」という方は、以下をクリック。

管理人厳選の中古MacBookを購入できるショップに飛ぶことができます。

>>安い・安心・安全・キレイな中古Macを購入できるショップはこちら<<

目次

中古のMacBookは買わない方がいい?購入時の注意点は?

中古のMacBookと聞くと、

  1. 型落ち
  2. 汚い・傷だらけ
  3. すぐ故障する

このようなイメージを浮かべる人がいるかもしれません。

1(型落ち)については、中古である以上仕方ない部分ではあります。ただ用途にもよりますが、数年くらいの型落ちなら性能的に問題がない場合がほとんど

本当に最新のMacが必要な人は限られますので、型落ちであることが問題となる人は少ないと思います。

2(汚い・傷だらけ)、3(すぐ故障する)については、購入する場所を間違えなければ心配しなくても大丈夫です。

購入場所を避けるべき場所は、ヤフオクやメルカリ、ラクマなどのフリマサイト、リサイクルショップ

フリマサイトやリサイクルショップで購入するデメリットは以下の3つ。

  • 販売前にきちんとした動作確認がされていない
  • 内部清掃が行われていない
  • 保証がない

動作確認については、電源が入るかどうか程度のチェックしかされていない場合も。また、分解掃除してから販売・出品されることはほぼありません。

特にフリマサイトについては、実は故障しているパソコンが出品されていたり、郵送中に故障・破損する危険性もあります。

保証がないため、もし出品者が認めなければ、泣き寝入りという可能性すらあるのです。

メルカリ

私はメルカリだけで400件以上取引がありますが、経験上梱包をきちんとしない人が一定数います。

一番ひどかったのはこれ。

  • iPadをダイソーのクッション封筒に裸で入れる

さすがにありえないですよね。

他にも、傷が映らないように写真を撮影して出品するなど、商品説明と実物の状態が違うなんてことは何回も経験しています。

以上からフリマサイトとリサイクルショップでの購入はおすすめできません。

MacBookを中古で買うなら【中古パソコン専門店】がおすすめ

フリマサイトやリサイクルショップはNG。ではどこで買えばいいのか、気になりますよね。

結論から言いますと、おすすめは中古パソコン専門店になります。その理由は以下の3つ。

  • ウイルスに感染している可能性が0%
  • 徹底した清掃と動作確認を実施した上で販売
  • 中古パソコン専門店独自の保証がある

理由1:ウイルスに感染している可能性が0%

中古パソコン専門店では、買い取ったMacBookを初期化して、新たに正規品のOSをインストールし直してから販売しています。

よって、購入したMacBookがウイルスに感染している可能性は0%と断言できるのです。

理由2:徹底した清掃と動作確認を実施した上で販売

フリマサイトやリサイクルショップのような素人ではなく、専門店のプロが徹底した清掃と動作確認を行い、厳しい条件をクリアしたMacBookのみが販売されています。

理由3:中古パソコン専門店の保証がある

中古という時点でメーカー保証は切れている場合がほとんどです。

しかし、中古パソコン専門店には独自の保証があります。最低でも30日、中にはのように1年間無償で対応してくれるショップもあります。

1年間とかもうメーカー保証と同じレベルですよね。

中古パソコン専門店は、フリマサイトやリサイクルショップとは安心感が違います。

Mac整備済製品は値段が高く、欲しい機種が入荷する保証なし

Mac整備済製品

Macの中古品については、アップル公式のMac整備済製品もあります。

Mac整備済製品とは、回収したMacの不具合を解消し、新品と同等の製品として販売されているもの。あくまで整備済製品であり、新品ではないので注意してください。

Mac整備済製品には1年間のメーカー保証が付きますが、価格はそこまで安くないです。

また、狙った機種やスペックのMacが入荷される保証はなく、競争率も高いため、管理人はオススメしていません。

中古のMacBookを購入するならこの3店!

管理人が厳選した中古パソコン専門店を3つに絞ってご紹介します。

おすすめショップ1位:Qualit(クオリット)

Qualitで買うメリット
Qualitで買うデメリット
  • 安い
  • 外観がキレイな機種が多い
  • 購入年数が記載されている
  • 12ヶ月の保証
  • バッテリー残量80%以上確定
  • WPS Office2が無料で付く
  • 1万円以上で送料無料(沖縄・離島以外)
  • 発送が3営業日以内

中古のMacBookを買うならは外せません。

高性能なMacBookがとにかく安く購入できるため、コストパフォーマンスが非常に高いショップです。

販売されているMacBookのスペックは、CPU:Core i5以上、メモリ:8GB以上、SSD:256GB以上の機種ばかりであり、買ってから後悔するようなことはありません。

そして、外観がキレイなMacBookが多いのもクオリットの特徴の一つ。

外観評価は他のショップよりも厳しく、「Bランクでも新品と変わらない」というレビューがあるほど。

「傷だらけのMacBookをカフェで開くのは恥ずかしい」

安心してください。クオリットのMacBookならそんな心配は無用です。

また、クオリットに特徴的なポイントが、購入年数が表示されているところ(発売日ではありません)。

Macは商品説明欄を見ても、いつ発売されたものかわかりづらいですよね。

どれを買えばいいか迷っている初心者の方は、OSのサポート期間を考慮して、3年以内の機種を選んでおけば間違いありません。

約5,000円相当のMicrosoft Officeの互換ソフト「WPS Office」も無料で付いてきます。Officeソフトがない人にはこれもうれしいポイント。

更に、メーカー保証並の1年間という保証期間バッテリー残量80%以上が確定している中古のMacBookはクオリットだけ。

また、パソコンの価格が1万円以上であれば送料無料。1万円未満で買えるMacBookはどこを探してもあリませんので、実質送料無料と思っていただいて大丈夫です。

クオリットは、発送日が3営業日以内という以外、ほぼデメリットはありません。

安い・安心・安全・キレイの4つが揃った中古パソコンショップで、MacBookの在庫をチェックしてみてください。

Qualit(クオリット)公式サイト:

おすすめショップ2位:OraOrA!(オラオラ)

OraOrA!で買うメリット
OraOrA!で買うデメリット
  • 安い
  • 90日間の保証あり
  • バッテリー残量70%以上確定
  • WPS Office2が無料(or1,000円)
  • 送料無料(沖縄・離島以外)
  • 在庫が若干少なめ
  • 発送が翌日~2営業日以内

2位は

クオリット同様コストパフォーマンスが非常に高く、90日間の保証とバッテリー残量70%以上が確定

Microsoft Officeの互換ソフト「WPS Office」も無料(機種によっては+1,000円)で付いてきます。

また、沖縄・離島以外はパソコンの価格に関係なく送料無料なのもうれしいポイント。

在庫が若干少なく、発送まで最大2営業日かかりますが、それを除いても非常におすすめできるショップです。

公式サイトで在庫をチェックしてみてください。

OraOrA!(オラオラ)公式サイト:

おすすめショップ3位:イオシス

イオシスで買うメリット
イオシスで買うデメリット
  • 安い
  • 午前10時までの注文で当日発送
  • 沖縄・離島の人でも送料は970円
  • 沖縄・離島以外の人は送料がかかる

3位は

イオシスは中古のMacBookの在庫が豊富であり、価格も安いです。

決済方法が代金引換、クレジットカード決済に限りますが、午前10時までの注文で当日出荷してもらえます。

送料はクオリット、オラオラとは違い、パソコンの金額に関係なく全国一律で970円になります。

沖縄・離島の人は他のショップでは2,000~3,000円の送料がかかりますが、イオシスは970円なのでオトクですね。

新機種が入荷していることもありますので、MacBookの在庫をチェックしてみてください。

イオシス公式サイト:

MacBookを中古で買うメリット

中古Macのメリット

ここまで読んで頂いた人の中には、まだ中古のMacに対して不安があるという人もいるかもしれません。

そんな人は、購入後に後悔しないためにも「中古のMacがどういったものなのか」一通り確認しておくことをオススメします。

決して安い買い物ではないので、メリット・デメリットいずれも納得した上で購入するのが間違いないです。

メリット① 安く購入することができる

当たり前ですが、最大のメリットはこれ。新品と比較して安く購入できること。

Macは人気があるため、同時期に販売されたWindowsの中古パソコンと比較して高い傾向にありますが、新品と比較すると何万円も安く購入することができます。

メリット② 買ったらすぐに手に入る(使える)

Macは人気商品のため、機種によっては手元に来るまで結構な時間がかかることがあります。

支払いは終わっているのにパソコンが全然届かない…なんてのは悲しいですよね。

中古のMacであれば、在庫がある商品のみが販売されています。入荷予定の商品を販売することはありません。

発送は基本翌日ですが、ショップによっては購入日に発送してくれるところもあります。場所によっては当日中に届くこともあるでしょう。

メリット③ 高く売ることができる

Macは人気商品であるため、次にパソコンを買い替える際も、Windowsのパソコンと比較して高く売ることができます。

Macユーザーの中には、新機種が出る度にパソコンを買い換える方がいますよね。

その理由は、Macユーザー全員がお金持ちということではなく(もちろん湯水の如く使える方もいます)、買取価格が高いことも大きいでしょう。

Windowsのパソコンでも、機種やスペックによっては高く売れるものもありますが、性能が低い古いWindowsのパソコンはほとんど価値がありません。

Macであれば使用しているパソコンを売ることで、買い替えの足しにすることができます。

メリット④ 状態が良い傾向にある

企業で導入している(リース)パソコンは圧倒的にWindowsが多く(富士通やLenovoなど)、中古のMacはその多くが個人で使用されていた物になります。

Appleユーザーも大事に丁寧に扱えば高く売れるのをわかっていますので、Windowsのパソコンと比較して、中古でも状態が良い傾向にあります。

特に当サイトでも紹介している中古パソコンショップは、状態が良いMacBookを多数揃えていますのでおすすめです。

メリット⑤ ショップ独自の保証を受けることができる

中古のため購入から1年以上経過しているパソコンが多く、基本的にメーカー保証は受けられないと思っておいた方がいいでしょう。

また、ヤフオクやメルカリなどのフリマサイトは個人間での取引になりますので、何かあっても一切の保証がありません。リサイクルショップもないことがほとんどです。

しかし中古パソコン専門店であれば、ショップ独自の保証を受けることができます。初期不良をはじめ3ヶ月間は保証してくれるショップも多いため安心して購入できます。

MacBookを中古で買うデメリット

中古Macデメリット

デメリット① メーカー保証が受けられない可能性が高い

MacをApple公式サイトで購入した場合、1年間のメーカー保証(AppleCare)が付きます。更に追加料金を払えば2年間保証を付けることも可能です(AppleCare+)。

Macユーザーが最新機種をすぐに手放す可能性は非常に低いため、基本的に中古のMacにはメーカー保証はないと思っておいた方がいいと思います。

ただこちらについては、中古パソコンショップ独自の保証がありますので、それで対応可能です。

デメリット② バッテリーが劣化している可能性がある

バッテリーの劣化については、デスクトップパソコンやノートパソコンをモニターに接続して、据え置きで使う分には問題になりません。

ただ、ノートパソコンで持ち運びを考えているという人にはデメリットとなります。

Apple公式サイトによると、MacBook ProやMacBook Airの充放電回数の上限は1000回とあります(本体のバッテリー情報で確認可能)。

充放電回数と充電回数は完全にリンクしていませんし、前使用者の使い方にもよるので断言はできませんが、MacBookのバッテリー寿命の目安としては3~4年くらいといったところでしょうか。

当サイトでもおすすめしている中古パソコン専門店のであれば、バッテリー残量80%以上確定なので、バッテリー残量を重視している人はチェックしてみてください。

ただ電源がない場所で作業する場合でも、モバイルバッテリー(急速充電規格PD対応のみ。USB-Cケーブルも同様)を持っていけば解決します。

モバイルバッテリーは重たいため、持ち運ぶのが大変ではありますが、日常的にモバイルバッテリーを持ち運ぶ習慣がある方にはデメリットにはなりません。

デメリット③ 箱や付属品がない場合がある

箱や説明書、電源アダプタ、ケーブルなどが付属しない中古品も少なくありません。

特に電源アダプタは価格が高く、純正品をケーブルとセットで購入すると軽く一万円は超えてきます。

非純正品の中には、純正品よりも小型で、ポート数が多い使い勝手が良いものも販売されています。

ただ、純正品より安いですがそれなりに高いので、せっかく本体が安く購入できてもケーブルを別途購入する場合メリットが薄れてしまいます。

中古のMacを購入する際は商品説明欄をよく読んで、最低限電源アダプタとケーブルがあるかをチェックするようにしてください。

デメリット④ 傷があったり故障の可能性がある

どれだけ丁寧に扱っても中古である限り多少の傷はつきもの。それより怖いのは故障の方ですね。

特にメルカリやヤフオクなどのフリマサイトでは確信犯で故障したパソコンを出品する人がいます。

「発送時にはそんな症状はなかった」なんて言われたらどうしようもありません。

これを回避する方法は中古パソコン専門店で購入すること

素人ではなく専門店のプロのスタッフが検品から清掃、動作確認を行っているため安心して購入できます。

>>状態が良い中古MacBookを購入できるショップをもう一度チェック<<

中古Macどこで買うのがおすすめ?注意点やメリット・デメリットについても解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次