OSがない中古パソコンにWindows10/11をインストール可能?メディアの使い方は?

OSがない中古パソコンにWindowsインストール可能か
  • URLをコピーしました!

新品のパソコンにはほぼWindowsなどのOSがインストールされていますが、中古パソコンの中にはOSがインストールされていないパソコンが販売されています。

OSがインストールされていない中古パソコンはかなり価格が安いので、興味がある人もいるかもしれません。

そこでこの記事ではOSなしのパソコンについて、以下の質問に回答していきます。

  • そもそもOSがないパソコンとは?なぜ価格が安いのか?
  • 後からWindows10/11等のOSをインストールできるのか?
  • OSがないパソコンは初心者が買ってもいいのか?

OSがない中古パソコンに興味がある人の役に立つ情報をまとめましたので、参考にしてみてください。

目次

OSなしの中古パソコンとは?なぜそんなに安い?

OSがない中古パソコンとは?なぜ安いのか?

OSなしの中古パソコンは、中古パソコンショップやメルカリ、ヤフオクなどのフリマ・オークションサイトなどで販売されています。

OSがないパソコンとは、基本的に以下2つのどちらかの状態を指します。

  • HDDやSSDなどの記憶媒体のデータがOSごと削除されている状態
  • HDDやSSDなどの記憶媒体自体がない(取り外されている)状態
created by Rinker
マイクロソフト
¥15,718 (2022/12/06 12:13:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
WESTERNDIGITAL
¥14,551 (2022/12/06 18:05:46時点 Amazon調べ-詳細)

Windowsの最新OSであるWindows11容量2TBのHDD容量500GBのSSDについてで価格を調べてみました。

  • Windows11:16,000円
  • HDD 2TB:8,000円
  • SSD 500GB:7,000円

HDDやSSD、OSをそれぞれ別途購入すると結構な値段になることもあり、OSが入っていないパソコンはその分安く販売されているというわけです。

だからこそ、特にパソコン初心者の方にお伝えしておきたいのですが、フリマサイトや中古パソコンショップの商品説明書きにはしっかり目を通すようにしましょう。

商品説明をよく読まずに「安い!これは今すぐ買わないと!」なんて値段だけを見て買った結果、実はOSやHDDが入っていなかった、なんて悲しすぎます。

もちろんOSやHDDがないパソコンでも、それぞれ別途購入してインストールすれば使えるようにはなりますが、時間とお金の無駄になってしまうため注意が必要です。

OSがないパソコンにはOSを別途用意すればインストールできる

OSがない中古パソコンには、別途購入したOSをインストールすることができます。手持ちに使っていないOSがあれば、もちろんそれをインストールしてもOKです。

また、HDDやSSDなどのストレージがない場合は、こちらも合わせて用意する必要があります。

インストールできるOSにはWindows系とLinux(リナックス)系がありますが、この記事では多くの方が使用しているであろうWindowsを想定してお話していきます。

パソコンにOSをインストールする流れですが、

  1. パソコンのシステム要件(スペック)に見合ったWindowsを用意
  2. Windows10/11のインストールディスク(DVD-ROM)かUSBメモリをセット後にパソコンを起動
  3. BIOS画面からインストール

という感じですね。操作自体は難しいことはありませんが、それぞれ解説していきます。

① パソコンのシステム要件(スペック)に見合ったWindowsを用意

OS メインストリームサポート終了 延長サポート終了
Windows 72015年1月13日2020年1月14日
Windows 8、8.12018年1月9日2023年1月10日
Windows102022年5月10日2025年10月14日
Windows11未定未定

2022年現在であれば、インストールするOSはWindows10または11のどちらかを選びましょう。

WindowsOSにはサポート期間というのがあり、Windows7は2020年1月14日までと既に終了。Windows8は2023年1月10日までとなっています。

OSは完璧なものではなく、月日が経つに連れて色々な問題が出てきます。サポート期間内であればその問題に対し、販売元であるMicrosoftが都度修正プログラムを提供してくれるのです。

サポート期限を過ぎたOSは問題が発覚しても改善されないため、セキュリティ的に非常に危険なのですね。最新のOSが推奨されるのはこれが理由です。

Windows10と11、それぞれのシステム要件はこちら。

Windows10Windows11
CPU1GHz以上のCPUまたはSoC1GHz以上で2コア以上の64ビット互換CPUまたはSoC
メモリ32ビット:1GB
64ビット:2GB
4GB
ストレージ32ビット:16GB
64ビット:32GB
64GB以上
グラフィックカードDirectX 9以上(WDDM 1.0)以上DirectX 12以上(WDDM 2.0)以上
ディスプレイ要件なし9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) 

システム要件はあくまで動作するための最低スペックになります。

快適に動作するためには、システム要件よりもある程度余裕を持ったスペックを用意する必要があるので注意しましょう。

ちなみに、システム要件を満たしていないパソコンにOSを無理やりインストールすることはできますが、様々な不具合が起こる可能性があります。

互換性の欠如による PC の損傷は、製造元の保証の対象外です。

>>最小システム要件を満たしていないデバイスに Windows 11 をインストールする

Microsoftのサイトにも、「システム要件を満たしていないパソコンにインストールして何か不具合があった場合、保証の対象外となる」と言っていますので、止めておいた方が無難でしょう。

OSを用意する際は、自分のパソコンのスペックがシステム要件を満たしているのか、よく確認するようにしてください。

ちなみに中古のOSを使うのはNG。

ヤフオクやメルカリなどのフリマサイトでは、恐ろしいほど安く売られているものがありますが、あれは違法です。

フリマサイトで販売されている格安の中古OSの問題点について知りたい方は、こちらの記事が参考になります。

>>OSは中古で購入して大丈夫?ライセンス違反?抜き取って他のPCに流用はだめ?

インストールディスク(DVD-ROM)かUSBメモリをセット後にパソコンを起動

インストールメディアの使い方は難しくありません。

Windows10または11のインストールディスクを使用する場合は、パソコンに搭載されている光学ドライブにセットします。

デスクトップパソコンにはほぼ光学ドライブが搭載されていますが、ノートパソコンには光学ドライブが搭載されていない機種もあります。その場合は外付けの光学ドライブを接続してください。

インストールディスクを挿入したら、パソコンの電源ボタンを押して起動してください。USBメモリを使用する場合は、USB端子に挿入した後にパソコンを起動します。

パソコンが起動したら、「F2キー」を連打して、BIOS(バイオス)画面を表示させるのですが、パソコンのメーカーや機種によって「F2」以外の場合もあります。

F2でダメなら、「Del、「F1」、「F8」、「F10」、「F12」などを試してみてください。どれかがヒットするはずです。

本当は「このキー」と言いたいところなんですが、同じメーカーでも販売した年によって違うこともあるため、「確実にこれ!」と断言できないんですよね。すいません。

BIOS画面で起動メディアを確認後は指示に従うだけ

BIOS画面が表示されたら、起動メディアが対象になっていることを確認します。

インストールディスクを使用する場合は、インストールディスクを、USBメモリを使用する場合は、USBメモリが選択されていることを確認してください。

Windowsのセットアップ画面が起動したら、あとは手順通りに進めていくだけ。

画面にすべての手順が表示されますので、初心者の方でもそこまで迷わずに作業できると思います。

指示に従って操作を行えば、あっという間にOSのインストールは完了。途中でプロダクトキーを入れる場面がありますが、添付されたキーを間違えずに入力すればOKです。

Windowsには評価版があることをご存知ですか?

OSの入っていないパソコンを購入してしまったけど、インストールするOSがなくて困っている方。

そんな方はとりあえず評価版のOSをマイクロソフト公式から入手し、インストールするというのも一つの方法です。

評価版はいわゆる体験版で、90日間無料で使用できます。現在Windowsの評価版はWindows10が公開されています。

かつてはWindows7や8の評価版もありましたが、現在は配信されていません。

Microsoft公式:Windows 評価版ソフトウェア

「手持ちのお金がなくてOSが買えない!」という方でも、90日間はしのぐことができます。

ただ先程お話したように、古いパソコンだとOSのシステム要件を満たしていない場合があります。そのようなパソコンに無理にインストールしても、動作が不安定になってしまい使い物になりませんので注意してください。

まとめ

OSなしの中古パソコンにWindowsをインストールする際のまとめ
  • OSなしのパソコンとは、記憶媒体のOSが削除されている状態、または記憶媒体自体がない場合を指す。
  • OSなしのパソコンは安い。
  • フリマサイトや中古パソコンの商品説明をしっかり目を通すこと。
  • OSなしの中古パソコンには別途OSを用意すればインストールできる。
  • OSにはインストールディスクとUSBメモリがある。
  • OSのシステム要件を満たした中古パソコンを用意すること。快適に作業したいなら、システム要件よりも多少余裕を持ったスペックで。
  • OSのシステム要件を満たしてないパソコンにインストールした場合、不具合が出ても保証対象外なので注意。
  • OSをインストールする際は、BIOS画面で対象のメディアが選択されていることを確認し、あとは手順通りに操作するだけ。初心者でも大丈夫。

以上、OSがない中古パソコンにWindowsをインストールする方法について解説しました。

色々専門用語が出てくるので、一見難しそうな印象を受ける人もいるかもしれませんが、やること自体は至ってシンプルなので、初心者の人も安心してくださいね。

パソコン初心者は正規品のOSがインストールされた中古パソコンがおすすめ

パソコン初心者は正規品のOSがインストールされた中古パソコンがおすすめ

とはいえ、本当にこれからパソコンを始めるような人には、OSのインストール、アップグレードといったことは少しハードルが高いかもしれません。

HDDやSSDがない場合は、記憶媒体も別途用意する必要がありますしね。

そのような人には、最初から100%正規品のOSがインストールされている中古パソコンがオススメです。結果的に出費も抑えられ、快適なパソコンライフをスタートできます。

実店舗よりもコストパフォーマンスに優れ、保証が充実しているネットショップを管理人が厳選しました。

以下の記事で、失敗しない中古パソコンの選び方についてくわしく解説していますので、参考にしてみてください。

>>安い・安全・安心の中古パソコンショップ厳選6店を徹底比較

OSがない中古パソコンにWindowsインストール可能か

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次