頑丈で壊れにくいオススメのノートパソコンはThinkPadで決まり!

頑丈なパソコンはThinkPadで決まり
  • URLをコピーしました!

今や仕事でもプライベートでもパソコンは必須のアイテム

デスクトップパソコンを持ち歩く人はまずいないと思いますが(海外ではたまにいます)、ノートパソコンはいつも持ち歩いている、という方も多いのではないでしょうか?

私も仕事ではもちろんのこと、ちょっとした外出から旅行までノートパソコンは常にカバンの中に入っています。

ただ持ち歩くことを考えた時、落としたり、どこかにぶつけたりといったリスクは常につきまとうもの。

少しヘコむだけならまだしも、起動しなくなったなんてことになったらシャレになりません。どんなに安いパソコンでも数万円はしますから、頑丈に越したことはありませんよね。

そこでこの記事では、私も現在進行形で愛用している、とにかく頑丈で壊れにくいオススメのノートパソコンであるLenovoの「ThinkPadシリーズ」を実体験も踏まえながらご紹介したいと思います。

Lenovo(レノボ)公式サイト:https://www.lenovo.com/jp/ja/pc/

※購入時はクーポンを忘れずに使ってください

目次

ノートパソコンを持ち運ぶなら薄い・軽いだけではダメ!

持ち運ぶノートパソコンの条件は軽い、頑丈、薄い、適度な大きさ

「ノートパソコンを日常的に持ち歩くにあたり、大事なことは?」と聞かれた時

  • 軽い
  • 薄い
  • 適度な大きさ

この3つを挙げる方が多いのではないでしょうか?

パソコンは裸で持つのではなく、基本カバンの中に入れて移動するわけですから、軽い・薄いに越したことはありません。

重いと腕も肩も疲れますし、厚いとパソコン以外の物を入れるのが難しくなります。なので、重さは1.5kgくらい、厚さは2cmくらいまでがいいところでしょう。

大きさについては、持ち歩くなら14インチくらいまででしょうか。15インチ以上になると、持ち運ぶことを想定していないのか、あまり軽量化されていない機種が多い印象です。

もちろん15インチでも、ベゼルレス(枠を極限まで細くしたデザイン、フレームレスともいいます)で軽量化されたモデルなら、アリかと思います。

逆に、10インチ以下では持ち運びしやすい一方、画面が小さいため作業効率が若干下がります。

色々なサイズを試した管理人の経験上、ノートパソコンの大きさは12~14インチがオススメです。この辺は好みもありますのであくまで参考程度に。

さて、ノートパソコンを持ち運ぶ条件として、もう一つ忘れていけないことがあります。

それが

  • 頑丈である

ということ。

ノートパソコンは薄い・軽いだけではなく、ちょっとくらい落としても壊れない「頑丈さ・堅牢性」も非常に重要です。

どんなに軽くて薄くても、耐久性がなければ持ち運ぶのは恐いですよね。高級路線のパソコンであればなおさらです。

管理人のおすすめはLenovo(レノボ、旧IBM)のThinkPadシリーズ

ThinkPad x1carbon

Lenovoから販売されているパソコンの一つThinkPadシリーズをご存知でしょうか?

上の写真は数あるThinkPadシリーズの中で、Lenovoの看板機種である「ThinkPad X1 Carbon」です。私が実際に中古パソコンショップで購入した2016年モデルになります。

色は黒(モデルによってはシルバーもあり)で、昔から現在までほとんどデザインが変わっていません。

LenovoのThinkPadシリーズは多くの企業で導入されています。

実際に私の会社に出入りしている業者のパソコンを見ると、ほとんどのSE(システムエンジニア)がThinkPadシリーズを使っています。

ではなぜ、それほどまでに企業で導入されているのか?

その理由の一つがメチャクチャ頑丈だからです。

耐久テストの動画を3つご覧ください。

落下させたり開閉しまくったりすごいですよね。正直ここまでやるかってレベルです(笑)。

米軍や宇宙飛行士が、ThinkPadシリーズを採用しているのも頷けるほどタフですね。

絶対に壊れないとは言えませんが、この結果を見る限り、壊れにくいパソコンであることはご理解頂けると思います。

ThinkPadの耐久性・堅牢性は半端ない

ThinkPad x1carbon天板

先ほど紹介した、ThinkPad X1 Carbon 2016年モデルの天板の写真になります。結構傷付いているのがわかりますか?

実はこれ、息子に何回ぶん投げられたかわからないですし、ビジネスバッグ(ペラッペラの安いカバン)に入れた状態で、アスファルトに落としたりもしています(やったのは会社の同僚)。

中古で安く買えたのもあるのですが、ちょっと雑に扱いすぎですよね(笑)。でもすごいんですよ。

背面などに傷が付くことはあっても、落下などの衝撃で起動しなくなったことは今の所一度もありません。

ちょっとやそっと落としたところで壊れない、それがThinkPadです。

ThinkPadは防滴性能も半端ない

防滴テストの動画もあります。こちらもご覧ください。

最後の動画なんて思わず笑ってしまうレベルですが、それだけ防滴性能に優れているとも言えますよね。

大量のウーロン茶まみれから奇跡の生還を果たしたThinkPad t440s

ThinkPad t440s

こちらのノートパソコンは、LenovoのThinkPad t440s

結構良いスペックだったので、当時10万円以上払って新品で購入したパソコンです。

パッと見普通に動いているように見えますが、実は買って2年目に烏龍茶を大量にこぼしてしまったんです。

シチュエーションとしては、カバンの中にパソコンをしまい、続いて飲みかけの烏龍茶のペットボトルを入れようとした際、悲劇が起こりました。

ペットボトルのキャップが完全に閉まってなかったんですね。

烏龍茶まみれのカバン内(推定300mL)。とりだしたパソコンからは烏龍茶が滴っています。

すぐにペットボトルを取り出しましたが時すでに遅し…。

これはさすがにダメかも…

とりあえずこの状態で起動したらマズイと思い、裏蓋を外してタオルで押すように水分を拭き取り、ドライヤーで乾かしました。

本当は数日置いた方がいいのですが、待ちきれなくて2時間後に電源ON(頭どうかしてます)。

結果は…普通に起動しました。

過去にAcer、ASUS、DELL、HP、SOTEC、NEC、Panasonic、Microsoft、富士通など、数多くのメーカーのパソコンを使ってきましたが、この事件以来パソコンはThinkPadシリーズ以外購入していません。

ThinkPadは頑丈さでは世界一のパソコンと言っても過言ではないと思います。

ただいくら防滴性能が優れているとはいえ、完全防水ではありません。メーカーも推奨していませんので、風呂場で使うとかはさすがにNG。

二度と起動できなくなる可能性がありますので、「ちょっとくらいなら濡れても大丈夫」くらいの認識でいた方がいいでしょう。

頑丈なパソコンといえばLet’s note(レッツノート)はダメなの?

「頑丈なパソコンはThinkPad!」なんて言うと、「いやいやPanasonicのLet’s noteでしょう!」という声が聞こえて来そうです。

確かに頑丈なパソコンといえばこの2つ

  • LenovoのThinkPadシリーズ
  • PanasonicのLet’s noteシリーズ

を挙げる人がほとんどでしょう。

Let’s noteは、耐100kg級をアピールしているだけあり、ThinkPad同様、落下や圧力に耐えられるノートパソコンとなっています。低故障率もウリにしていますので、なかなか壊れません。そしてキーボードも打ちやすい。

私はどちらも使用経験がありますが、耐久・防滴テストなんて行ったことがないので、「絶対にこっちが頑丈だ!」と断言することはできません。

耐久性以外のデザインやキーボードの打ちやすさなども、好みがありますので正直甲乙つけがたいです。

例えば

「スマホなら絶対にシャープのAQUOS!」

「私は絶対にiPhone!Androidなんてありえない!」

という方がいるように、人それぞれ自分にとって使いやすい端末ってあると思います。

耐久性はThinkPad、Let’s noteどちらも素晴らしいです。耐久性以外の部分で評価して頂ければと思います。

管理人HaruがThinkPadシリーズをオススメする理由とは?

ThinkPadとLet’s note、どちらも実際に使ってみた感想ですが、私にはThinkPadの方が合っていました。

その理由を3つご紹介します。

  • 頑丈である
  • キーボードが打ちやすい
  • トラックポイントが使いやすい

オススメ理由① 頑丈である

頑丈であることは先ほど十分説明しましたので割愛します。

オススメ理由② キーボードがとにかく打ちやすい

キーボードの打ちやすさは、今まで使ってきたノートパソコンの中でもぶっちぎりでNo1です。

キーの大きさ、ストローク(高さ)、ピッチ(間隔)すべてが素晴らしい。

とにかく打ちやすくて腕が疲れない。結果タイプミスが少なくなるんですね。

ちなみに機種によっては、キーボードを通常版とイルミネート版(発光可能)の2種類から選ぶことができます。

キー表面の加工が若干違い、通常版はザラザラ、イルミネート版はツルツルしています。

どちらも打ちやすいですが、両方使った私としてはイルミネート版をオススメします。高級感もあり、肌触りもよく、指に絶妙にフィットするからです。

オススメ理由③ トラックポイントがあればマウスいらず

ThinkPadといえば、トラックポイントの存在も忘れてはいけません。

正直Excelなどで細かい作業をしないなら、マウスが不要になるレベル。トラックポイントはとても便利なパーツになります。

ThinkPadキーボードとトラックポイント

私は右利きですが、以下のようなポジションで使用しています。

  • トラックポイント:右人差し指
  • 左クリック:左親指
  • 右クリック:右親指
  • 中央ボタン:右親指

ThinkPadであれば、トラックポイントを使うことで、机がない場所でも膝の上で作業することができます。

まだ触ったことがないという人は、ぜひ一度家電量販店でキーボードとトラックパッドを試してみてください。

やはり好みがあるので家電量販店で実際に触ってみてください

キーボードは家電量販店で実際に触ってみるのがベスト

散々キーボードの打ちやすさを絶賛したThinkPadシリーズではありますが、こればっかりは実際に体験頂くのが間違いないと思います。

「キーボードの打ちやすさ」については、かなり個人差があるからです。

そのため、できれば家電量販店やパソコンショップに行って実際に触って「自分に合っているかどうか」確かめることをおすすめします。

ただ一点注意。

実店舗で店員に購入するように勧められても、丁重にお断りして下さいね。

その理由は、ほぼ間違いなくネットの方が安く購入することができるからです。

ThinkPadを新品で購入するならLenovo公式サイトがオトク

LenovoのThinkPadを新品で購入するなら、公式サイトで購入するのが間違いないです。

クーポンを使えば40%引きは当たり前、機種によってはそれ以上の値引きもあります。

ぜひ公式サイトをチェックしてみてください(購入時はクーポンを使用するのを忘れずに!)。

Lenovo(レノボ)公式サイト:

ThinkPadの中古を買うなら専門店のBeStockがおすすめ

「ThinkPadが欲しいけど予算が限られている」という方のために、インターネット通販の中古ThinkPad専門店をご紹介します。

中古パソコンと言うと、

  • 汚い
  • 傷だらけ
  • すぐ故障する

このようにあまり良いイメージを持っていない方がいるかもしれませんが、それは昔の話。

中古パソコン専門店であれば、専属のスタッフが販売前に動作確認を徹底していますし、ショップ独自の保証もあるので安心です。

リサイクルショップ、メルカリやヤフオクといったフリマサイトで販売されているパソコンは、動作確認されていないものもありますし、説明と実物の状態が違うなんてことは日常茶飯事。

実際、管理人も被害に遭ったことは一度や二度ではありません。

ThinkPadを購入するなら、1年間の無償保証・10日以内の交換サービスのあるThinkPad専門店 Be-Stockがオススメ。

bestock thinkpad x1carbon

ThinkPadシリーズは多数ありますが、なんといってもオススメはLenovoの看板機種であるThinkPad X1 Carbonですね。

管理人も使用していますが、14インチと大きな画面にも関わらず、軽い・薄い・頑丈・高性能と使い勝手は抜群。

ThinkPadの中でどの機種にしようか迷っている人は参考にしてみてくださいね。

ThinkPad専門店 BeStock公式サイト:

頑丈なパソコンはThinkPadで決まり

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次