パソコンがウイルスに感染したり、何かが原因で起動しない・調子が悪いといった時にはパソコンを初期化することでこれらの症状が改善する可能性があります。

Windows7以前はリカバリーディスクという名称でCD-RやDVD-Rを用いて作成、またはパソコン購入時に付属していたかと思います。

しかし、Windows8以降はUSBドライブで作成できるようになり、回復ドライブという名称に変わっています。

用途は同じです。回復ドライブを使用することで、パソコンのデータを初期状態に戻すことができ、問題のある状態をすべてクリアすることで、出荷状態に戻すことができます。

今回は回復ドライブの作成方法について1からわかりやすく解説します。

容量32GB以上のUSBメモリを用意

まずは回復ドライブを作成するためのUSBメモリを用意しましょう。使っていないUSBメモリがあればそれを使っても構いませんが、容量は32GB以上のものにして下さい。

また、回復ドライブ作成によりUSBメモリ内の全てのデータは削除されますので、大事なデータが保存されている場合はきちんと保存しておくようにしましょう。

価格も安いので私はこれを使っていますが、基本容量が32GBのUSBメモリであれば何でもOKです。

ただ私はふたをよくなくすので(笑)、USBメモリはスライド式のタイプ、または蓋が回転式になっているタイプを選ぶことが多いですね。

回復ドライブのアプリを起動する

それでは実際に作成していきましょう。

まずは画面下の検索ボックスに「回復ドライブ」と入力します。ぶっちゃけひらがなで「かいふ」と入力した段階で表示されますので上の2つの赤枠のいずれかをクリックします。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれるので「はい」をクリックします。

 

「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。

 

上の画面が表示されたら、USBメモリをパソコンに接続します。

 

接続すると…

 

上の画面のようになりますので、しばらくそのまま待ちましょう。

 

USBメモリが認識されたことを確認して下さい。確認したら「次へ」を押します。

 

先ほどもお話しましたが、回復ドライブ作成によりUSBメモリ内のデータは全て削除されます。大事なデータをきちんと退避したか最終確認をして下さい。

問題なければ「作成」をクリックします。

 

回復ドライブの作成が開始となりました。結構時間がかかりますのでしばらく放置です。私の場合は1時間程度かかりました。

 

作成が終わると上の画面のように「回復ドライブの準備ができました」と表示されます。「完了」をクリックすればOKです。

どのパソコンの回復ドライブかわかるように大切に保管

あとはこのUSBメモリをなくさないように大切に保管しておいて下さい。

 

回復ドライブの中身はこんな感じですが、一切いじらないようにして下さいね。

また、「回復ドライブのUSBメモリなのを忘れて誤ってフォーマットしてしまった!」なんてことがないように、どのパソコンの回復ドライブかわかるよう付箋をつけておくなど、目印を忘れずに。

ちなみに、この回復ドライブは作成したパソコンでのみ使用可能です。

1個回復ドライブを作れば家族全員のパソコンに使えるなんてことはありません。回復ドライブはパソコンの数だけそれぞれ必要になりますので注意して下さいね。

パソコンを複数所有しているような方はお金もかかりますので、USBメモリは安いものを使いましょう。

あとたまに勘違いされる方がいるのですが、回復ドライブを使うとパソコンは初期化され出荷状態に戻ります。回復ドライブを作成した時点に戻るわけではありませんのでご注意を。

まとめ

今回のまとめ

回復ドライブの作成方法と注意点
  1. 容量32GB以上のUSBメモリを用意する。ない方は下のAmazonのUSBメモリがコスパも高くオススメ。
  2. 回復ドライブのアプリを起動
  3. USBメモリをパソコンに接続
  4. そのUSBメモリ内に重要なファイルがないことを最終確認
  5. 問題なければ作成

※回復ドライブは作成したパソコンでのみ有効

※回復ドライブ使用によりパソコンを初期化することができる。回復ドライブ作成日時の状態に戻るわけではないので注意。

 

今回は、Windows 10のリカバリーUSB(回復ドライブ)の作成方法について解説しました。

こちらの記事でも書きましたが、パソコンを購入したらまず行うべきことの一つ、それが回復ドライブの作成です。

MicrosoftのOfficeをはじめインストールしたいソフトはたくさんあると思いますが、一通りの動作確認が終わったらまずは回復ドライブを作成するようにして下さい。

この記事が参考になればとても嬉しいです。