「手持ちの古いパソコンにWindows10を入れても大丈夫かしら…」

これに限らず中古のパソコンに最新のOSを入れるのは不安という方もいると思います。

今回は中古パソコンに現在最新のOSであるWindows10をインストールして問題ないのか、についてお話していきたいと思います。

マイクロソフトはWindows10への移行を推進している

2015年に発売・提供が開始されたWindows10。提供開始から1年間は、Windows7、8、8.1からは無料でWindows10にアップグレードができることも話題となりました。

「自分の持っているパソコンがWindows10にアップグレードできるかどうか気になる」という方もたくさんいらっしゃるでしょう。

古いOSだとメーカーがサポートを終了しているため、セキュリティ的に問題があります。可能な限り最新のOSにしておきたいところです。

ただ現在、この無料アップグレードキャンペーンは終了しています。

メーカーが保証していないパソコンにWindows10を入れるのは危険?

パソコンメーカーの公式サイトを見ると、その会社のパソコンのWindows10への対応状況が記載されている場合があります。

そこに対応していることが記載されているパソコンであれば検証済みのため、アップグレードしてしまっても全く問題ありません。

しかし、記載がないパソコンの場合は注意が必要となります

少なくとも、Windows7~8.1までのOSが入っているパソコンであれば、中古であっても多くのパソコンがアップグレード自体はすることができるでしょう。

しかしアップグレードができても、その後に何らかの不具合が起こる可能性があるため、その点については注意しなければなりません。

例えば頻繁にブルースクリーンになってしまったり、音が出なくなってしまったりといった不具合が発生する恐れがあります。

またWindows Vistaよりも前のOS(WindowsXP、WindowsMeなど)がインストールされたパソコンは、そのままではWindows10にアップグレードすることができません。

一度Windows7以降にアップグレードする必要があります。

しかし、Windows7を導入してもVista以前に販売された古いパソコンの場合は、Windows10が要求するスペックを満たしておらずアップグレードできない可能性があります。

ちなみにWindows7は、新品で購入しても10を新品で購入する費用の半額程度になります。

アップグレードの前にWindowsの要求スペックを確かめよう

例えば、Windows10のシステム要件は以下のようになっています。

  • メモリ:32bit版だと1GB以上、64bit版だと最低2GB以上
  • ディスプレイの解像度:1024 x 600以上
  • ハードディスクは:32bitで16GB以上、64bitで20GB以上

Vista以前の古いパソコンの場合は、この条件を満たしていない物もあります。つまり、安く売られている低スペックの中古ノートパソコンでは、Windows10は動かない可能性がある、ということです。

これらの要求スペックを満たしているか、パソコンを購入する前によく確認するようにしてください。満たしていない場合は、Windows10へのアップグレードは諦めた方が良いでしょう。

ただ初心者の方が中古のパソコンを購入してWindows10を使用したい場合は、はじめからWindows10が導入されている比較的新し目のパソコンを購入するのが一番無難です。

実店舗よりもコストパフォーマンスに優れ、保証が充実しているネットショップを管理人が厳選しましたので、中古パソコンを検討されている方はぜひご覧になってくださいね。

 

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<