今回はマイクロソフトが販売するSurface3のメリットとデメリットについてお話していきます。

安価なSurfaceであるSurface3

マイクロソフト社が発売するタブレットPC、Surfaceシリーズ。Windowsタブレットの中でも、最も高価格であり高品質であるのがこのSurfaceシリーズです。

 

Surfaceには専用のペンが付属し、絵を描いたりメモを取ったりということが気軽に行えると言う魅力があります。ペンの性能も高くスムーズな描写ができます。

 

また、専用のType coverというキーボードがあり、これを装着すると普通のノートパソコンとしての運用も可能になります。

 

Type coverはサイズが小さいため一部のキーがなかったり、小さくなっている上、非常に薄いため一見打ちづらそうに見えます。

 

しかし私も以前使用していましたが、これが思った以上に打ちやすいです。タッチパッドも備えられており簡単な作業であればマウスも不要です。

 

Surfaceシリーズには高価格・高性能なProシリーズと、初期の頃に発売されていた、Windows RTを搭載した安価なモデルが存在することが特徴です。

 

そしてこの記事で扱うSurface3は、両者の良いところを兼ね備えた機種となっています。

Surface3は価格が安くて正式なWindowsが使用可能

Surface3は、Surface RTやSurface2といったWindowsRTのOSが使われているパソコンの流れを汲むものです。

 

WindowsRTでは、アプリストアからダウンロードできるアプリ以外のソフトはインストールすることができませんでした。

 

WindowsRTはこれが最大の欠点でした。アプリの数自体は増えているものの、言葉は悪いですが使えるものが少ないのです。

 

しかし、Surface3ではこのOSが使われず、標準のWindows8.1がインストールされています。

 

そのため、何の問題もなく通常のオフィスをはじめ、ネット上のソフトなどをインストールして使用することが可能です。

 

更に値段も、Surface Pro3より安価です。

 

ここまで聞くとメリットしかないように思えるかもしれません。しかし、デメリットも存在します。

 

値段が安い代わりに、CPUが安価かつSurface Pro3よりも性能の低いものが使用されていることです。

 

Atomというノートパソコンでよく使われるCPUが、Surface3には使用されています。そのため、処理の重い作業には時間を要するためあまり向いていません(ただしAtomの中では一番高性能なCPU)。

 

また画面サイズと解像度もSurface Pro3の12インチ(2160 x 1440)に対してSurface3は10.8インチ(1920 x 1280)となっています。

SIMカードに対応したモデルがあるが、注意が必要

Surface3にはWifiのみに対応したモデルの他に、SIMカードを挿入できるモデルがあります。※格安SIMについて知りたい方はこちら

 

このモデルでは、単独で通信を行うことができます。SIMフリーモデルと、ワイモバイルから発売されているモデルがあります。

 

注意点として、ヨドバシ等でSIMフリーモデルを一括購入してもなぜかSoftBankで△判定となってしまい、不要になったときも買い取りが行えない、あるいは大幅な減額となってしまう場合があるということが挙げられます。

 

中古でSIMフリーモデルをネットオークション等で購入したときも、もしかしたら手放す際に同様の問題に直面するかもしれません。

 

長く使い、売る予定もないのであれば基本的には問題ありません。しかし、ためしに購入してみて合わなかったら売ろうと考えているのであれば、この点には注意しておきましょう。

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク