スポンサーリンク

格安SIMとは一体何?

格安SIMは、MVNOより発行されていて、月額料金がキャリア(docomo、au、Softbankなど)に較べて安いSIMカードのことです。

 

キャリアなら月額が7000~10000円程度かかりますが、格安SIMならば1000円台からスマートフォンを運用できます。

 

まず始めに、SIMカードとは何かということについて簡単に解説します。SIMカードとは携帯電話やスマートフォンを契約したときに本体に挿入されるカードのことです。

 

現在使用している携帯電話などがある場合は、必ず自分の契約しているキャリアから発行されたSIMカードが入っているということになります。

 

MVNOは、docomoなどと同様にSIMカードを発行している会社のことです。MVNOが発行するSIMカードは、一般的に「格安SIM」と呼ばれています。

格安SIMはなぜ安い?

それでは、MVNOが発行する格安SIMはなぜ月額料金が安いのかということについて解説します。

 

そもそも、MVNOのSIMで使われる通信用の回線はdocomoやauと同じものです。どちらの回線を使用しているかは、MVNOの公式サイトで確認できます。

 

MVNOは、docomoやauなどのキャリアから回線を借りて、それを契約者に開放するという方法で運営しています。回線の設備を自分たちで作り上げているわけではないので、非常に安い月額料金にできるというわけです。

 

MVNOはdocomoなどに回線を借りる料金を支払っています。そのため、もしもキャリアと直接契約する人が減り、格安SIMに流れたとしてもキャリアはある程度の金額を得られるしくみとなっています。

スポンサーリンク

格安SIMの利用には端末が必要

格安SIMを利用するためには、SIMカードを入れて通信を行うための端末が必要になります。

 

現在、docomoやauのスマートフォンを持っているのであれば、それらに格安SIMを入れて簡単な設定を行うだけで利用ができます。

 

もしもSoftBankの端末しか持っていない場合は、まずは端末を購入しなければいけません。中古ショップで中古のスマートフォンを購入するか、「SIMフリー」のスマートフォンを新品で購入しましょう。

 

中古ショップで端末を購入するときは、基本的にはdocomo製のものがおすすめです。なぜかというと、auのスマートフォンは相性の関係でau回線の格安SIMでも利用できない物があって紛らわしいためです。

 

SIMフリーのスマートフォンは、全国の家電量販店やネットショップで購入することができます。ネットショップではイオシスがSIMフリースマホをたくさん取り扱っています。

 

SIMフリースマホの値段は、1万円~10万円程度と幅広くなっています。2万円程度のものでも十分に機能する端末はたくさんありますので、チェックしてみることをおすすめします。

 

例えば、ASUSから発売されているZenfoneシリーズは低価格に加えて十分な高機能ですので、おすすめです。

 

対応するSIMカードのサイズは、その端末についてネットで調べればすぐにわかります。格安SIMを契約する際は、その端末に合ったサイズのSIMカードを契約しましょう。

 

圧倒的に月額料金が安くなりますのでぜひ格安SIMを導入してみて下さい。年間10万円は削減できると思いますよ。

 

MVNOは私も使用している楽天モバイルがおすすめです。楽天カードを既に持っていたり、楽天で買い物することが多い人は特におすすめです。驚くほどポイントが貯まりますよ。

>>楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク