今回は中古パソコンに内蔵されているHDDの注意点についてお話していきます。

ハードディスクドライブ(Hard Disc Drive:HDD)は徐々に劣化していく

パソコンに搭載されているHDDは、使用期間が長くなっていくにつれて老朽化していきます。CPUやマザーボード、メモリに較べて、HDDは使用できる期間が短めと言われています。

 

そのため、古いデスクトップパソコンやノートパソコンを購入する際はHDDの劣化に注意しましょう。

 

もっとも、目視ではどのくらいHDDが劣化しているかを確認することはできません。今日普通に使用できたとしても、明日壊れてしまうことは十分に考えられるのがHDDです。

 

HDDの劣化はフリーソフトで確認することも可能ですが、店頭で確認するのは現実的に難しいでしょう。

 

HDDが壊れるまでの大まかな年数というものは決まっておらず、その日はある日突然やってきます。非常に恐ろしいことですが、他の部品が壊れておらず、そのパソコンがHDDを交換可能な仕様であれば、心配する必要はありません。

 

ただし、追加出費が必要になりますので財布の心配は必要となります。

HDDは多くのパソコンで交換が可能

HDDは、ほとんどのパソコンで同じ形状のものが使用されています。そのため、新品を購入して古いHDDと交換することができます。

 

ただし、形状は同じでもIDEとシリアルATA(SATA)という2種類の接続端子がありますので、交換しようと考えているパソコンのHDDがどちらの仕様になっているか確認が必要です。また、2.5インチと3.5インチというサイズ違いもあります。

 

ノートパソコンであれば、ほぼ100%2.5インチサイズのHDDが使用されています。デスクトップパソコンは、市販のものであれば3.5インチがメインです。ただし、デスクトップの場合はアダプターを使用することで2.5インチのHDDも内蔵可能です。

 

またパソコンのHDDを交換する場合は、必ずリカバリーディスクを用意しておきましょう。購入時に付属していた場合は、HDDを交換した後にそのリカバリーディスクを使用して再セットアップすることができます。

 

紛失した、あるいは始めからリカバリーディスクがないという場合は作成する必要があります。

 

そしてもう一つ、現在使用しているHDDに必要なデータが入っている場合は、あらかじめ外付けのHDDやUSBメモリなどに移動させておきましょう。

ソリッドステートドライブ(Solid State Drive:SSD)もおすすめ

ノートパソコンのHDDを交換する時は、HDDではなくSSDに変更することもおすすめです。SSDはHDDよりも速度が速いため、起動やデータの読み込み、書き込みが非常に素早く行えるようになります。

 

SSDに換装すれば、少し古いパソコンであっても驚くほど生まれ変わります。手順も通常のHDDへの交換とほとんど変わりありません。

 

発売からしばらく経っているパソコンを中古で購入するにあたって、起動の遅さは気になるポイントです。その購入予定の中古パソコンがHDD内蔵である場合は、事前にSSDへの換装も考慮しておくと良いかもしれませんね。

 

[amazonjs asin=”B00QIH3RWW” locale=”JP” title=”Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E250B/IT”]

SSDは昔と比べてかなり安くなりました。こちらは私も2回ほど購入している商品です。データ移行ツールも入っているので初心者の方でも簡単に換装できますよ。

 

劇的に速くなりますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク