パソコンを組んでいくにあたって、重要なパーツの一つが電源ユニットです。電源ユニットがなければ、どんなに高性能なパーツも動きません。

電源ユニットには様々な種類があります。どれを購入したらいいのかわからないということもありますよね。この記事では、電源ユニットの選び方を解説していきたいと思います。

用途に合わせてワット数を選ぶ

電源ユニットを選ぶにあたって一番シンプルな方法は、ワット数を見ることです。

 

中古であれば200程度のワット数の電源ユニットも売られていますが、基本的には300W以上のものがおすすめです。

 

パソコンを組むにあたって必要なワット数は、それ以外のパーツに必要なワット数を調べて足し、その合計の倍程度といわれています。

 

あまりにギリギリだと電気が不足してしまうので、余裕を持って組む必要があるのです。

 

パーツの多くは箱や説明書、パーツそのものに必要なワット数が記載されています。もしも見当たらない場合は、ネットで検索することで多くは見つけることができます。

 

HDDやSSD、メモリー、光学ドライブといったものにはあまり電力は必要ありませんが、CPUとグラフィックボードは大きめの電力を必要とする場合がほとんどです。

 

グラフィックボードなしでパソコンを組む場合であれば、高性能なCPUを使用するとしても電源は400Wもあれば十分です。しかし、それなりに高性能なグラフィックボードを取り付けるのであれば600~700W程度の電源が必要になるでしょう。

中古の電源ユニットはジャンク品コーナーなどでよく売られている

パソコンのパーツの中でも、ジャンク品として売られているのを見つけやすいのが電源ユニットです。

 

価格は、例えばハードオフであれば、ジャンク品として売られている電源ユニットの多くは500~2000円程度です。ただし、ジャンク品は動かなかった時の保証がないため注意が必要となります。

 

ショップで購入後、重いパーツである電源を自宅まで持ち帰り、手間のかかる配線を終え、いざ起動ボタンを押したら動かなかった、なんてことが十分あり得ます(笑)。また仮にそうなったとしてもジャンク品の場合どうしようもありません。

 

ジャンク品ではない中古の電源を買う場合は、ドスパラの通販やヤフオクがおすすめです。

 

ドスパラの電源には1週間程度の保証があるものがたくさんありますし、ヤフオクも動作確認済みとして売られているものであればある程度安心できます。

電源は新品でもそこまで高くない

新品のパソコンのパーツの中でも特に高価なものは、CPUです。グラフィックボードが2番目、メモリが3番目といったところでしょうか。

 

電源ユニットは、400~500Wならば4000円もあれば購入することができます。700Wだと7000~10000円です。

 

すべてパーツは中古で揃えて組みたい、または電源ユニットよりもCPUやグラフィックボードにお金をかけたいという方であれば中古でもいいかもしれません。

 

ただできるだけ心配することがなく安定したパソコンにしたいという場合であれば、電源ユニットは新品で購入することをおすすめします。

>>ドスパラで電源ユニットをチェックしてみる

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク