中古パソコンを安く入手したけれど、CPU性能が悪いのが気に入らないこともありますよね。ここで気になるのが、CPUを交換できないのかということです。

 

今回は、中古パソコン購入後にCPUを交換できるのかについて解説します。

 

最近買ったパソコンのCPUが気に入らない方、購入を検討しているパソコンのCPUを替えたい方はご覧ください。

CPUが取り外せるパソコンはCPUを交換できる

結論から言いますと、CPUが取り外せるパソコンであればより良いCPUへの交換が可能です。

 

CPUをネットオークションや中古ショップで購入し、付け替えればOKです。

 

できればパソコンの購入時点でCPU性能が自分の目的に合致しているものを選んでおきたいところですが、どうしてもCPUを交換したいのであれば、検討してみても良いでしょう。

交換するCPUはソケットが同じものを選ぶ必要がある

どのCPUとも交換できるわけではないことに、注意が必要です。まずはソケット、つまりパソコンについているCPUを取り付ける部分が同じ規格のものでなければ交換はできません。

 

例えばLGA1150というソケットがパソコンのマザーボードについているなら、LGA1150のCPUを用意することになります。

CPUには相性があり、動かなくなる場合もあるので注意

取り付けるCPUは、ソケットが同じだとしてもちゃんと使えないことがあります。

 

そのため、そのパソコンのマザーボードの販売会社のサイトであらかじめ使えるか確認しておいた方が良いでしょう。

 

せっかく買ったのに使えなかったという事態は避けたいですよね。事前に確認しておけば安心です。

CPU交換は細心の注意を払って行う

CPUは、ちょっとでも傷つけると壊れてしまう部品です。丁寧に扱い、慎重に交換しなければいけません。

 

CPUを交換しようとしてマザーボードを壊してしまう人もたくさんいます。CPUの向きなどには注意しましょう。また静電気防止の手袋をつけるのも大事ですね。

CPUが外せないパソコンも最近多い

CPUが外せないパソコンもあります。例えば最近のノートパソコンは、内部のマザーボードに接着されていて取れない場合が多いです。

 

CPUが外せなければ交換はできないので、諦めましょう。同じ機種でCPU性能が高いものも存在するなら、それを探した方が良いですね。

まとめ

中古パソコンは、CPUが取り外せるならCPUの交換が可能です。しかし交換できるCPUには限りがあるので、注意しましょう。

 

CPU交換は購入から取り付けまでなかなかハードルの高い作業なので、初心者にはあまりおすすめしません。

スポンサーリンク