今回は中古のハードディスクドライブ(Hard Disc Drive:HDD)の活用方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

HDDは消耗品

HDDは、使用していくにつれて劣化していくものです。いつ壊れるかは全くわからないため、どのくらい使用されているかもわからない中古のHDDを購入することは一見危険に思える行為です。

 

しかし、HDDには実は様々な活用方法があります。

 

容量やサイズ、仕様は様々で、値段もショップによってばらつきがあるのが中古のHDDです。ジャンク品として大量に売られていることもあります。

 

活用方法は様々ですが、少しマニア向けの活用方法が多めですので、PCをそれほど深く利用しない方にはピンとこない部分があるかもしれません。その点についてはご了承ください。

 

それでは、実際にどのような使い道があるのかについて解説していきます。

中古のHDDはそれほど重要でないデータのバックアップに最適

まず一番わかりやすい使用方法は、消えてもそれほど問題はないけれど、一応残しておきたいデータを保存しておくというものです。

 

本当に必要なデータは、新品で購入したHDDやSSDなどに保存したり、さらにバックアップとしてUSBメモリーやDVD-ROMなどにも保存しておくということが一般的です。

 

しかし大量に撮影した写真データやネットから保存したちょっとした画像などは、よほど重要であるもの以外は消えてしまっても問題はないということもありますよね。

 

そのようなデータを中古で安く購入したHDDに保存しておくという使い方は、なかなか便利です。特に、ほとんど参照することがないようなデータの保存におすすめ。

 

常時PCに取り付けたままにしておく必要がないのであれば、アダプターを使用して外付けのHDDとして認識させてそのようなデータを移動しておき、もしも必要になったら再び接続するという方法を取ることができます。

スポンサーリンク

バックアップに使用する

PCのバックアップには、それなりの容量が必要となります。中古のHDDを接続し、バックアップファイルを保存しておけばいざという時に役に立つかもしれません。

 

ただし、ハードディスクをそのまま保存しておくと、衝撃などによってデータが飛んでしまい、いざという時に役に立たないこともあり得ます。ましてや中古ですので特に衝撃などがなくてもデータが消えてしまう可能性もあります。

 

そのため、バックアップのさらにバックアップといった用途での使用がおすすめです。

自作PCを気軽に試してみたい方にも中古のHDDはおすすめ

パソコンの自作を試しに行ってみたいという方にも、そのテスト用として中古のHDDを使用するのはおすすめできます。

 

接続端子が対応しているかどうかにさえ気をつければ、その分のパーツ代を削ることができます。

 

ただし、中古のHDDですので突然壊れてしまう可能性は新品のHDDよりも高めです。その自作PCを長く使用し続けたいのであれば、動作確認後に新品のHDDに交換した方が良いでしょう。

 

自作における中古のHDDの利用は、あくまでもテスト用で「とりあえず動く状態にまで持っていきたい」という場合に留めておきましょう。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク