一見使い道がなさそうな初代iMac。実は結構盛んに取引されています。

初代iMacは1998年に発売された

最初のiMac(iMac G3)は、1998年の8月に発売されました。

ボンダイブルーと呼ばれる青緑色と白の組み合わせであるカラーリング、そして半透明となっていて中身が透けて見えるデザイン。

それまでのパソコンはMacintoshに限らず多くが無骨なデザインをしていました。

しかし、この初代iMacはインテリアとしても非常に魅力的なデザインとなっており話題を呼びました。

当時生まれていた方であれば、初代iMacのデザインが強く記憶に残っており、お金に余裕ができた今、購入したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本では現在、iPhoneやiPad、そして今もなお続くiMacといったアップルの機器が人気を博しています。

それらを入手した流れで、初代iMacもコレクションに加えたいという方もたくさんいるようで、ネットオークションでは今もなお取引は盛んに行われています。

初代iMacでは昔のソフトウェアが利用できる

現在iMacを購入した場合、使い道として考えられるのは古いソフトウェアの利用です。ただ現在のiMacで動くソフトは、初代iMacではほとんど動かないと考えたほうがいいです。

駿河屋やヤフオクといったサイトでは、初代iMacで動かすことのできるソフトウェアがたくさん販売されています。

ゲームやオフィス系のソフトなどの運用には、初代iMacは有効に使用できます。

ただしWindows95やDOS/Vなど、Macintosh以外で使用するCD-ROMには基本的に対応していませんので、注意しましょう。

また、インターネットに接続することもほぼ不可能と考えた方が良いと思われます。

インターネット自体に接続できたとしても、ホームページ側が表示に対応していない可能性があるためです。

初代iMacの中のiMac DVと呼ばれる機種では、Mac OS8.1からOS X v10.4.11までが使用可能とされています。

OSをアップグレードするにはアップグレード用のCD-ROMを入手する必要がありますが、入手は困難ですので、ネットオークションなどに流れてくるのを待つしかありません。

できるだけ新しいOSを利用したい方は、始めからOS9やOS Xが導入されているiMacが出品されたり、どこかのショップで販売されたりするのを待った方が手っ取り早いかもしれません。

フリーウェアを集めた本を一緒に買うと便利

現在、ネット上では昔のMacintosh用のソフトウェアはほとんど配布されていません。

そのため、様々な環境を構築するには昔発売されたフリーウェアをまとめて付属のCD-ROMに収めた本を入手することをおすすめします。

iMacを単体で購入した場合は、当時付属品だったCD-ROMも入手することをおすすめします。このCD-ROMがあれば、3Dゲームなどで遊ぶことができます。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク