今回は自作する際のPCケースの選び方とおすすめのケース、また中古を避けるべき理由についてお話していきます。

デスクトップパソコンの「顔」であるPCケース

デスクトップPCを自作するにあたって多くの人が厳選する部品にCPUやSSD(HDD)が挙げられますが、それらと同じくらい悩まされるのがケースです。

 

誰かにデスクトップのパソコンを作ったことを知らせるにあたって、一番目に付くのがケースです。そのため、ケースを選ぶときは性能・機能と同じくらい見栄えの良さも重要となります。

 

ケースは新品で、安ければ3000~5000円程度で販売されています。そして、1万円以内のケースであっても見栄えの良い格好良いケースは存在しています。

 

ケースを選ぶにあたって重要なのは、見栄えを取るか性能を取るかです。長く使い続けるにあたっては性能も重要ですが、見栄えの良さも大事です。デザインに納得しないまま使い続けると、やがて別のケースが欲しくなってきてしまうでしょう。

 

とはいえケースの見た目に関しては購入者のセンスで良いか悪いかが大きく変わってきますので、あまり解説はできません。この記事では性能や機能の面でおすすめなケースを1つ紹介します。

Cooler MasterのCS5268は、ATXとmicroATXに対応したPCケース

新品価格2万円、相場は15000円程度のPCケースであるCooler MasterのCS5268。

 

あまりごてごてしていない、シンプルな外装で、3つの5.25インチベイ、3.5インチベイは7つ、2.5インチベイは3つ(3.5インチベイにも2.5インチのSSDやハードディスクは搭載可能)を備えています。光学ドライブをいくつも搭載できるということです。

 

USB端子は4つ付いています。サイズが大きいため内部に大きめのグラフィックボードを搭載できますし、まさに至れり尽くせりです。

 

側面はアクリルパネルなので、中が見えやすいこともこのケースの魅力です。

ケースは中古で購入する場合注意が必要

さて、ケースを新品で購入する場合は問題ないのですが、中古の場合は注意しなければいけない点がいくつかあります。一番注意しなければいけないのは、ホコリです。

 

デスクトップパソコンは大きいため、床に置いておくことになる場合が多いですよね。そのため、中古ショップのケースは汚れている場合が多いのです。

 

最悪の場合虫の住処となっていることもありますので、よく内部を確認してから購入しなければいけません。そしてこれは新品の時も同様ですが、マザーボードとの相性を確認しましょう。

 

マザーボードにはmicroATX、miniATX、ATXといった大きさの種類がありますので、自分の使用するマザーボードのサイズはしっかりと確認しておきましょう。

ケースはできるだけ新品がおすすめ

汚れたケースは掃除すれば良いのですが、手間がかかります。中古でケースを購入するよりも、新品を購入した方が無難です。

 

ケースの場合は、大きくて重いためネットで購入しても送料がたくさんかかってしまいます。そのため、安く購入できても新品と大差ない金額になってしまうこともあります。

 

PCケースを購入される際はぜひ参考にしてみてくださいね。

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク