今はもう使っていないパソコン。家にありませんか?

また、今使っているパソコンの動作が遅くなってきたので、そろそろ新しいパソコンに買い換えようと思っている方はいませんか?

そんな方は古いパソコンを売ることをオススメします。ただし単に売ると言っても注意すべきポイントがいくつかあります。

この記事では、パソコン売却時の注意点についてわかりやすく解説しています。

パソコンを高く売るにはパソコン本体の状態が重要!

パソコンを売却するなら、できる限り高い金額で買い取ってもらいたいところ。ですが、パソコン売却時に買い取り値段が下がってしまう原因があります。

一つ目は、パソコン本体の状態です。目立つ傷があると、それだけで大幅に買い取り金額が下がってしまう場合があります。

多くのパソコン買取ショップでは、目を凝らして見なければ気づかないような微少な傷であってもしっかりとチェックされ、買い取り金額に反映されてしまいます。

そのため、新型が出たら買い換えるなど、パソコンの売却を見据えて購入する場合は、日頃から丁寧に使用することをおすすめします。

メジャーなパソコンであれば、専用のケースや液晶保護フィルムなども家電量販店やインターネットで販売されています。これらを使用することも、状態をきれいに保つためには重要です。

特にiPadなどのタブレットでは保護フィルムやケースは必須ですね。

キズだけでなく、パソコンについた細かい汚れも減額対象ですが、しっかりと拭けば取れることもあります。

売却前に汚れが見つかった場合は、ウェットティッシュやクリーニングクロス(めがね拭き)などを使用して綺麗に丁寧に拭き取りましょう。

また、キーボードやパームレストのテカリも売却時にチェックされます。

ある程度の期間使用したパソコンであれば、キーボードなどがテカってしまうことがあります。これは仕方ないことです。

ただキーボードのテカリについても、ウェットティッシュで一度拭いた後にクリーニングクロスで何度も丁寧に拭けば、ある程度なくすことができます。ぜひお試しください。

付属品が揃っていなければ、買い取り金額は下がる

パソコン売却時は、購入時に付属していた説明書などの書類やCD-ROM、DVD-ROM、アダプタなどがすべて揃っているかどうか確認しましょう。

もし欠品があった場合は、買い取り金額が下がってしまうことを覚悟しなければなりません。

特に、リカバリーディスクや説明書は無くしやすいので、購入時にしっかり保管しておくことをおすすめします。

また、パソコン購入時の箱(外箱、内箱ともに)も必ず取っておきましょう。いかに簡素なものであっても、箱がなければ買い取り価格は大幅に下がってしまう可能性があります。

購入後に使用しない付属品、説明書などは箱の中に入れたままにして丁寧に保管しておきましょう。

パソコンは古くなるにつれ買い取り金額が下がっていく

パソコンは、発売から時間が経つにつれて買い取り金額も下がっていきます。

パソコンは基本的に数年間使用するものですので、売却する頃には金額がほとんど底値になってしまっているということもよくあります。

ただし、もしも売却するパソコンがMacBookやiPadなどのAppleの製品であれば、同時期に発売されたWindowsのパソコンよりも高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。

Appleの製品は購入時にかかる費用も高めですが、その分売却の際も高価で買い取ってもらえるので、新型が出る度に買い換える方といった方には特におすすめできます。

パソコンを売るなら高額で買い取ってくれて支払いも早い、アローズがオススメ。現在期間限定で買取金額30%アップ中です。

 

パソコン買取アローズ公式サイト:https://pc-arrows.com/

 

スポンサーリンク