今回は未だに多くの方に使用されているWindows7についてお話していきます。

スポンサーリンク

Windows7はまだまだ現役で使えるOS

Windows7は、2009年に登場したOSです。

 

流石に新品のパソコンにこのOSが導入されていることはほとんどなくなりましたが、中古市場ではWindows7が導入されたパソコンをたくさんみかけます。

 

購入を迷っている方には、Windows7という3つも前のOSが使われていることを懸念している方もいらっしゃるでしょう。しかし、ご安心ください。Windows7は、まだまだ現役で利用できるOSです。

 

むしろ、場合によってはWindows8や10よりもいいということもあります。

Windows7のサポートは2020年まで

一つだけ注意しておきたいのは、Windows7は2020年にサポートが切れるため、ウイルスへの耐性が弱くなってしまうことです。

 

あと4年の間はWindows7を利用しても問題ありませんが、それ以降はサポートがないというデメリットを抱えることになります。つまりインターネットに接続することは止めた方が無難です。

 

2016年の7月29日までであれば、Windows7から10へとアップグレードを無料で行うことができます。

 

Windows10にすれば7におけるメリットは失われますが、サポートは継続されます。古いOSを利用したくないという方はこの機会にアップグレードすることをおすすめします。

スポンサーリンク

Windows7ならばOSを購入する費用が安価

Windows7は、8以降のOSで動くソフトの多くが普通に動かせます。複雑な作業なども、基本的にはパソコンのスペックさえ問題なければ大丈夫です。

 

また、Windows8以降のOSで動かないような古いゲームソフトなども動かせる場合があります。

 

Windows7の時代に発売されたパソコンであれば、現在家電量販店で売られているパーツの多くを利用できますので、部品を交換してスペックアップができる場合もあります。そのため、Windows7が導入された中古パソコンは購入の候補にまだまだ入ります。

 

また、自作PCに導入するOSとしても問題ありません。最新のゲームなども多くはWindows7に対応していますので、基本的にはスペックが満たされていれば扱うことができます。

 

現在、Windows7は新品で1万円程度で購入できます。最新のWindows10は、新品で2万円程度かかります。

 

中古のOSがないパソコンや自作PCに導入するにあたっては、Windows7ならばかかる費用が少ないためとてもおすすめできます。

 

Linuxならば無料で導入できますが、Windows環境をできるだけ安く利用したいのであればWindows7がおすすめです。

 

また、MacにBootcampという機能を使ってWindowsをインストールし、たまにWindows環境を利用したいという方にもWindows7はおすすめできます。

 

価格・性能共に問題なく利用できるWindows7。もしも導入されたパソコンの購入を迷っているのであれば、問題ないことをお伝えしておきます。ぜひ購入して実際に触ってみて下さい。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク