今までノートパソコンや普通に店頭で売られているパソコンを使っていて、性能に限界を感じたため自作をしてみたいが、予算があまりない。

 

または、今まで新品のパーツを購入して自作をしていたけれど、中古パーツでの自作にも興味があるという方。

 

こういった方に向けて、パソコンショップで中古のパーツを買ってパソコンを自作することのメリットやデメリットについて解説していきたいと思います。

 

中古のパーツでのパソコンの自作は楽しいことですが、いくつか注意しておきたい点もあります。

スポンサーリンク

中古での自作は安上がりなので、より高性能なパソコンを作れる

中古のPCパーツでパソコンを自作するメリットは、なんと言ってもパーツが新品よりも安いことです。

 

値段が安いということは

  • 同等のスペックでもその分出費を減らすことができる
  • 同じ金額でもより高性能なパソコンを自作できる

ということになります。

中古のパーツでのパソコン製作は、自作の練習にもおすすめ

「パソコンを自作してみたいけれど、新品のパーツで組み立てて失敗してしまったら恐い」という方も、中古のパーツならば気軽に自作に挑戦できます。

 

何と言っても安いですからね。失敗しても痛くないです。これはメリットとして挙げられますね。

 

ショップで販売されている中古のパーツの中には、動作未確認のジャンク品と呼ばれるものがあります。

 

価格もメチャクチャ安く、数百円程度で購入できる物もたくさんありますが、初心者は避けた方が無難です。

 

ジャンク品について知りたい方は以下の記事をご参照ください。

 

基本的に性能にこだわらなければ、パソコンを動かすために必要なパーツをすべて集めたとしても、それぞれ1000~5000円程度の出費で納めることが十分に可能です。

 

今使用しているパソコンの性能には満足しているけれど、自作を経験してみたいという方は、中古パーツでの自作はおすすめできますよ。

スポンサーリンク

中古のパーツは箱や説明書がないものもあるので注意!

中古パーツで自作を行う際に気をつけなければいけないことは、パーツの状態のチェックです。

 

「ジャンク」と書かれていなければ、基本的には動作確認が行われているので使用できます。ただ念のため、店員や販売者の方に聞いておくとより安心です。

 

また、マザーボードのPCパーツの中古品などには説明書がついておらず、本体のみが売られているという場合も多くあります。

 

そのため、自作の手順は書籍を読んだり、インターネットを使って検索しながら行うこととなります。

 

こう聞くと「説明書がないなんて無理だ!」とデメリットとしてとらえる方もいると思いますが、大丈夫です。

 

実は新品のマザーボードに付属している組み立て手順の説明書も、基本的には書籍などに書かれていることと変わりありませんので、この点に関してはあまり気にしなくても良いと思います。

パーツに保証があるかどうかは確認が必要

中古のPCパーツの保証期間の長さは、お店によって異なります。

 

基本的に、中古のパーツは保証期間が短めとなっています。これはデメリットとして挙げられますね。

 

保証のないショップでの購入は、不良品だった際に大きくモチベーションを落とすことになりますので、自作に慣れるまでは避けておきましょう。

 

また保証があるショップで購入しても、保証期間を過ぎてしまうと、たとえ購入時に壊れていた商品でも返品することができなくなってしまいます。なので…

 

「いつか自作しよう」「いずれ使うときのために」と思ってパーツを購入しておく、というのはやめましょう。

 

中古のPCパーツでパソコンを自作する場合は、必要時にパーツを揃え、揃い次第早めに組み立てを行うことをおすすめします。

初心者でも失敗しない「ぱそキット」がイチオシです!

仮に安くパーツを買い揃えることができたとしても、パーツ同士の相性が悪く、動作しないことがあります。

 

個々のパーツには問題がないことが多いのですが、こうなってしまうと初心者にはお手上げですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、パソコンショップVSPECが販売するパソコン組立キットの「ぱそキット」

 

相性に問題がないパーツがセットになったもので、組立に必要な精密ドライバーやレンチなども無料で付いてきます。

 

自信がない方はまずは「ぱそキット」で挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

>>初心者でも安心!自作キット「ぱそキット」の詳細はこちら

 

スポンサーリンク