ASUSで展開されているZenPadシリーズ。2016年に登場したZenPad3 8.0は、価格は手ごろでありつつも高機能で便利なSIMフリータブレットです。

8インチ程度のAndroidタブレットが欲しいと考えている方には、現在最もおすすめな端末ですよ。この記事では、ZenPad3 8.0について詳しく解説します。

スポンサーリンク

ZenPad3 8.0は、SIMフリーのAndroidタブレットで通話もできる

ZenPad以前に、2015年にはZenPad S 8.0という端末が販売されていました。こちらはWi-Fiモデルだったことが難点でしたが、ZenPad2 8.0ではSIMフリーモデルとなっており、単体での通信に対応しています。

 

なんと通話機能もあるため、音声SIMを入れていれば通話することも可能です。タブレットですので、あまり通信する機会はない方も多いかもしれませんが、iPadのように通話機能がないタブレットも多いことを考えると機能が充実しているのは嬉しいですよね。

ZenPad3 8.0は、価格が新品で4万円程度

ZenPad3 8.0は、新品でも4万円程度で購入できる端末です。ASUS公式ストアでは、39744円で販売されています。

 

iPadだと、一番安いmini4のWi-Fi32GBモデルでも46224円と高価です。ZenPad3 8.0は、SIMフリーモデルで4万円を切っています。これはお得ですよね。

スポンサーリンク

バッテリーが11時間持つため、朝から晩まで使えるのも魅力

ZenPad3 8.0のもう一つのメリットは、バッテリーが最長11時間持つことです。ちなみにLTE通信をしている場合は10時間が最長となっています。

 

だいたい朝から晩まで使い続けることができますので、外出時にも日帰り〜1泊2日程度なら充電ケーブルはなくても大丈夫ですね。

 

ちなみに充電端子はUSB-Cなので、Zenfone 3やXperia XZなどをメインのスマホとして使っている方は個別にACアダプターやUSBケーブルを持ち歩く必要がないのも便利です。

まとめ:中古市場では、31000円以下なら買い!

まだまだ新しい端末であるZenPad 8.0ですが、中古市場でも購入可能です。目安としては、定価がほぼ4万円なことを考慮すると、だいたい31000円以下で販売されていれば買いと考えられますね。

 

まだ発売開始から日が浅いことも考えると、送料なども含めて35000円までならギリギリOKでしょう。持ち運べるタブレットが欲しいと考えている方は、購入を検討してみてはどうでしょうか。

 

ZenPad3 8.0の在庫はイオシスでたまにみかけますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク