MacBookシリーズの人気が非常に高いですが、Windowsのノートパソコンにも日々、魅力的な端末が登場しています。

ASUSが展開しているノートパソコンである、ZenBook。新しい製品であるZenBook3は、薄さや軽さを重視しつつも性能に妥協していないノートパソコンです。

今後中古市場にもたくさん流れてくると考えられるZenBook3。どんな機種かチェックしてみましょう。

ZenBook3は薄く、軽い

ASUSのWindowsPCであるZenBook3。重さは256GBモデル、512GBモデルともに910gと、1GBを切っています。さらに薄さもポイントです。11.9mmという、ノートパソコンとしてはなかなかの薄さですね。

 

2016年のMacBook Proは13インチモデルなら14.9mm、15インチモデルなら15.5mmですので、これらをさらに下回る薄さになります。ただしZenBook3の画面サイズは12.5インチ。12インチのMacBookとも比較した方が良いでしょう。

 

12インチMacBookは、最薄部分は0.35mmです。しかし一番厚い部分は、1.31mmとなっています。MacBookにも、ZenBook3の薄さは負けていないと考えられるのではないでしょうか。

 

つまり持ち運びにはとても便利で、使いやすいのがZenBook3です。

CPUはCore i5やCore i7が搭載されているため、処理能力も十分

薄く軽いPCは、CPUなどの性能が犠牲になってしまっていることもよくありますよね。しかしZenBook3については、全く問題ありません。

 

256GBモデルである「UX390UA-256G」にはCore i5-7200U、512GBモデルの「UX390UA-512GP」にはCore i7-7500Uが搭載されています。

 

性能をより重視するならCore i7モデル、支払い額を抑えたいならCore i5モデルを購入すると良いですね。もちろんCore i5モデルでも十分な性能です。

 

どちらの機種も性能は十分高いので、動画編集を行ったり、ゲームをしたりするのも良いでしょう。

弱点は新品の価格が高いこと

ZenBook3は、ノートパソコンを気軽に持ち運びつつ、性能にも妥協したくないと考えている人におすすめのノートパソコンです。しかし大きな弱点もあります。それは価格です。

 

ZenBook3の価格は、256GBモデルで150984円、512GBモデルで199584円です。新品でこの金額なので、中古市場でも価格はなかなかの高さになることが考えられます。

 

MacBookシリーズなみの価格であり、購入のハードルは高いノートパソコンであるZenBook3。この点は悩みどころですね。

まとめ

価格が高いのは難点ですが、ZenBook3は性能が高く、持ち運びしやすい優れたノートパソコンです。中古で10〜12万円位で見かけたら、購入することをおすすめします。

 

WindowsPCで薄く軽いものとなると性能が押さえられてしまうイメージがあった方も多いでしょう。しかし、ZenBookなら安心です。

 

Zenbook3の中古はソフマップで在庫があることがあります。興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

>>ソフマップドットコムの中古・アウトレットコーナーはこちら

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク