今回はSONYが販売するAndroidタブレット、Xperia Z2 tabletとZ4 tabletについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

Xperia Z2 tabletは2014年に発売された

Xperia Z2tabletは、2014年の春に発売されました。Androidタブレットで、OSはAndroid5.1が搭載されています。

 

画面サイズが大きいことが、このタブレットの特徴です。iPadは9.7インチですが、Xperia Z2 tabletの場合は10.1インチとなっています。また、iPadならば4:3の画面ですが、こちらは16:10であることも特徴です。

 

つまり、大画面で映画を楽しめるのはより映画館のスクリーンの画面比に近いXperia Z2 tabletです。ドラマやアニメに関しても、地デジに対応した最近の作品であればiPadよりも大きな画面で楽しめます。

 

画面の解像度は1920×1200です。ちなみに防水ですので、お風呂やキッチンでもこのタブレットを楽しめます。メモリーは3GBのものが搭載されています。こちらも必要十分です。

 

スピーカーはステレオでクリアーな音声を楽しめます。本体は426gととても軽いため、サイズは大きいですが持ち運びが容易です。

スポンサーリンク

Xperia Z4 tabletは2015年の夏頃に発売された

Xperia Z2 tabletの後継機と言うべき機種であるXperia Z4 tablet。これはZ2tabletの翌年、2015年に発売されました。

 

なぜ数字が一つ飛んでいるのかというと、この間に発売されたZ3 tabletはサイズが8インチの小型のものだったためです。

 

Z2 tabletよりも高性能なCPUが搭載されていて、画面の解像度も2560×1600とさらに高解像度に変わっています。もちろん、こちらも防水です。

 

重さについてはさらに軽くなっており、なんと400gを切った389gです。さらに、バッテリー充電時間や継続時間もZ2 tabletより向上しています。

 

また、画面の大きさはそのままにサイズも若干小さくなっています。つまり、持ち運びにさらに便利になっているのがZ4 tabletです。

 

周辺機器として専用のキーボードが存在し、それを装着するとノートパソコンのように扱うことも可能です。

Z2 tabletは3万円程度、Z4なら5万円台

もちろん、性能が高いのはZ4 tabletです。基本的にはこちらを購入した方が良いことは、間違いありません。

 

しかし、当然ですが値段という問題があります。Z4 tabletの場合は、中古でも5万円台という高めのお値段となってしまっています。

 

Z2 tabletは、発売からまだ2年程度しか経っていないのにもかかわらず既に2万円台でも購入できる場合があるほどに値段が下がっています。基本的には3万円弱といったところでしょう。

 

サイズと若干の性能の差に2万円を支払えるかどうかが、選択する上でのポイントとなります。

 

Z2 tablet自体非常に高性能なタブレットです。よほどこだわりがある人でなければ、Z2 tabletでも十分に満足できると思います。

 

どちらか迷われている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Xperia Z2 tabletとZ4 tabletはイオシスが在庫が豊富で安く購入することができます。

 

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク