今回はSONYが販売するAndroidタブレットXperia Z4 tabletについてお話していきます。

スポンサーリンク

画面サイズはiPadよりXperia Z4 tabletの方が大きい

Xperia Z4 tabletは、2015年に登場したタブレットPCです。Wi-Fiモデルの他に、この機種はdocomoやauでも販売されていて、それらはLTE通信に対応しています。

 

特徴は、iPadよりも大きい10.1インチの液晶です。画面は16:10で、現在主流となっている16:9の映像も大きく表示することができるという魅力があります。

 

専用のキーボードがオプションで存在しているという点は、この半年程度後に登場したiPad Proと共通しています。

 

Androidタブレットの中では、最高峰のスペックが搭載されています。OSも初期状態でバージョンが5.0です。

 

性能が高いうえに、重量が軽いことがこのタブレットの特徴です。iPad Air2は437gですが、さらに大きい画面のXperia Z4 tabletは389gです。

メモリ容量は3GB、性能は高い

さて、具体的な性能に迫っていきたいと思います。

 

メモリ容量は、3GBです。iPad Pro9.7インチモデルは2GB、12.9インチモデルは4GBといわれているので、その中間となります。

 

これは3Dのゲームをプレイするのにも十分な容量です。Androidタブレットでゲームを行いたいという場合は、Xperia Z4 tabletがおすすめです。

 

バッテリー駆動時間はなんと、最大17時間です。iPad Air2は10時間ですので、非常に長持ちです。

 

前述の通りキーボードが別売ではありますが存在しますので、このタブレットを持ち歩いて外で文章を書いたりOffice文書を編集したりすることが容易に行えます。

 

娯楽から仕事まで、幅広いことを行うことができるのがXperia Z4 tabletの魅力です。

スポンサーリンク

テレビも標準で見られる

なんと、Xperia Z4 tabletはフルセグやワンセグに対応しています。インターネットに繋がなくても、テレビを見ることができるということです。

 

海外のタブレットの場合はテレビを見られるものは少ないですが、ここは日本のソニーが開発したことによる恩恵ですね。

中古価格はそこそこ安い

性能が高く、魅力的なタブレットであるXperia Z4 tablet。

 

新品では実質0円などで投げ売られている場所もありますが、契約が必要になります。中古市場ではWi-FiモデルでもLTEモデルでも5万5千円程度となっています。

 

ただしこれはネットショップでの購入の場合です。フリマサイトなどでは、4万円を切っている場合もあります。

 

それでも4万円程度ということで、中古でもなかなか高価なタブレットなのがXperia Z4 tabletです。

 

値段は高いですが、購入して実際に使用すれば満足できる商品であることは間違いありません。

 

最近は状態にもよりますが、2万円台もたまにみかけるようになってきてきます。気になる方は市場を毎日チェックしてみることをおすすめします。

 

Xperia Z4 tabletはイオシスが在庫が豊富かつ価格も安いです。ぜひチェックしてみて下さいね。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク