Windows7から8、更に10となり画面がガラッと変わり、困惑している人も多いようですね。実は管理人もその一人です。

中でも、コントロールパネルを見つけられないという方もいらっしゃるかもしれません。

今回はWindows10におけるコントロールパネルの表示方法、そしてすぐアクセスできるようにショートカット作成方法について解説していきたいと思います。

Windows10のコントロールパネルはどこにいった?

とりあえず、Windowsキー(左下の窓)をクリックして、スタートメニューを表示します。

アプリケーションを下までず~っとスクロールしても見当たりませんね。

 

Windowsキーを右クリックしてもそれらしきものはありません。

結論から言いますと、表示方法は2つあります。

Windows10のコントロールパネル表示方法
  • タスクバーの検索ボックスに直接入力
  • スタートメニュー → Windowsシステムツール

それぞれ見ていきましょう。

タスクバーの検索ボックスに直接入力

左下に表示されている検索ボックスに「コントロールパネル」と入力すると、上の画像のように表示されますのでクリックしましょう。

ちなみに「コントロール」まで入力しなくても「コント」くらいまで入力した段階でも表示されます。

検索ボックスに入力するこの方法は今回のコントロールパネル以外でも使えます。「今までここにあったのに…」というのはWindows10では結構頻繁に出てきますからね。

どこにあるかわからなければ、とりあえず検索ボックスに入力してみましょう。

スタートメニュー → Windowsシステムツール

こちらはWindowsキーを左クリックしてスタートメニューを表示。下に向かってスクロールすると、Windowsシステムツールというのがあるかと思います。

実はコントロールパネルはこの中にあるんですよ。

Windowsシステムツールを左クリックすると、コントロールパネルが表示されますのでクリックしてください。

 

見慣れた画面が表示されましたね。今はカテゴリ表示になっています。

 

右上のカテゴリを左クリックすると、大きいアイコン、小さいアイコンという選択肢が表示されます。

大きいアイコンを選んでみましょう。

 

表示されましたね。続いて小さいアイコンも見てみます。

 

表示されました。

最後に、コントロールパネルを頻回に使う、という方はタスクバーにピン留めしておきましょう。

コントロールパネルのショートカット タスクバーにピン留めする方法

上の画像のように、コントロールパネルで右クリックし、その他を左クリック、そしてタスクバーにピン留めするを左クリックします。

 

するとタスクバーにショートカットアイコンが作成されます。コントロールパネルを開きたい時はこのアイコンをクリックすればOKです。

試しにクリックしてみましょう。

 

きちんと表示されました。

以上Windows10のコントロールパネルの表示方法について解説しました。

他にもよく使うアプリケーションがあれば、今回と同じ方法でタスクバーにピン留めしておくととても便利ですので参考にしてみて下さいね。