2014年夏に発売されたノートパソコン VAIO Pro13

かつて日本で非常に人気が高かったノートパソコンであるVAIO。ソニーから発売されていたブランドですが、現在は独立しています。

 

今回紹介するVAIO Pro13は、ちょうどソニーから独立する直前に発売された13.3インチのノートパソコンです。そのため、ソニー製のものとVAIO製のものがあります。

 

高性能でありつつ軽くて薄いことがこのVAIO Pro13の特徴であり、セールスポイントでもあります。

 

既に後継機であるVAIO Pro13 mk2が登場しているため販売は終了してしまっていますが、まだまだ活躍できるノートパソコンです。

UDカーボンが使用されている

VAIO Pro13の重さは、わずか940gです。ちなみにこれはタッチパネル非搭載モデルの重さで、搭載されているものは1060gです。

 

なぜこれほどまでに軽いのかというと、外装にUDカーボンという特殊な軽い素材が使われているためです。

 

軽いとはいえ衝撃には十分に耐えられます。ノートパソコンを持ち運ぶ方には打って付けと言えるでしょう。

使いやすい仕様だが注意点もある

VAIO Pro13は、キーボードがしっかりと1つずつ分かれていて隙間があります(アイソレーションキーボード)。そのため、ノートパソコンの中でも押しやすくなっていることが特徴です。

 

バッテリーも現在発売されているVAIO Pro13 mk2よりさらに長持ちします。12.5時間という長時間持ちますので、遠くへ旅行する際にも便利です。

 

薄さについても15.8mmと、それほどスペースを取りません。現在は様々な薄いPCが登場してしまっていますので、それらにはかないません。しかし、十分な薄さではないでしょうか。

 

唯一の弱点は、USB端子が右側面にのみ存在するということです。右利きの方がマウスを利用するときに、USBメモリなどを挿すと少し邪魔になってしまいます。

 

しかし、VAIO Pro13はノートパソコンです。タッチパッドが搭載されていますので、込み入った作業をしないのであればこの問題はそれほど重大ではないかもしれません。

VAIO Pro13の中古相場は9~12万円程度

およそ2年前のコンピューターであるVAIO Pro13は、現在Core i5+SSD256GB、メモリー8GBモデルが9万円、Core i7+SSD512GB、メモリー8GBモデルが12万円程度で取引されています。

 

CPUにはCore i7とCore i5のものが存在し、家電量販店ではCore i5のものが販売されていました。さらに、SSDには128、256、512GBのものが存在していますし、メモリーも4GBモデルと8GBモデルが存在します。

 

そのため、スペックの低いモデルであればこれよりもさらに安く購入できる可能性は大いにあります。

 

ただし、ストレスなく作業するためにもスペックはある程度高いもの、特にメモリーについては8GBモデルを購入することをおすすめします。

 

まだまだ使えるVAIO Pro13。ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。VAIO Pro13はイオシスに在庫がありますので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク