今回は便利なWindowsタブレットTransBook T100 Chiについてお話していきます。

ASUSのタブレットPCであり、ノートパソコンでもある

TransBook T100 Chiは、ASUSから発売されたWindowsタブレットです。OSは、初期状態ではWindows8.1 with Bingというものが搭載されています。

 

これはタブレットPCなど安価なパソコン向けに提供されたOSで、標準状態では検索エンジンがBingになっているというものです。Google検索に変更することもできますので、普通のWindows8.1と同じものと考えてしまって問題ありません。

 

10.1インチという小さな画面で、標準でキーボードが付属することがこのタブレットの大きな特徴です。

 

普通のタブレットPCにはキーボードは付属しませんので、本体デザインとかみ合わないものを別に使用する必要があります。しかし、TransBook T100 Chiなら安心です。

 

キーボードはテンキーがなく、最小限の内容となっていますが、テンキーが必要なほどの専門的な作業をするのであればデスクトップなどのPCを利用すれば良いのです。

 

あくまでもタブレットPCですので、サブ機、持ち運び用としておすすめなのがTransBook T100 Chiです。

タブレットとしては十分なスペック

サブ機向けとは言いましたが、けっして性能が低いパソコンであるというわけではありません。

 

メモリは2GB、ストレージは32GBです。CPUはAtomとなっています。これらは、タブレットPCとしては標準ですね。

 

重さはキーボード込みで1.08kgです。タブレット単体ではおよそ570gと、iPadより100g程度重いということになります。しかし画面サイズはこちらの方がやや大きいので、そこまで気にはならないのではないでしょうか。

 

画面サイズは10.1型です。画面解像度は高めで、1920×1200となっています。映画などの動画の視聴にも向いている、なかなかの高画質です。

 

iPadよりも画面は大きく、さらに画面比もテレビや映画のスクリーンに近いので、フルスクリーンにすれば豪華な映像を楽しめます。また本体の質感も高級な雰囲気があります。

中古市場ではなんと26000円程度で購入可能

TransBook T100 Chiは、中古市場で26000円前後で販売されています。ちなみに64GBモデルも存在しますが、そちらも3万円程度です。

 

Windowsタブレットに興味を持っている方は、まずこのTransBook T100 Chiを購入してみてはいかがでしょうか。

 

ノートパソコンのようにキーボードと本体を重ねて閉じることができるので、持ち運びの際も便利なパソコンです。

 

3Dゲームなどの高度なもので遊ぶのには向いていませんが、Officeを導入して外出先で文書を作成するのも良いですし、高解像度な画面で映画を楽しんでも良いでしょう。

 

WindowsのOSが入っていますので、ゲームを楽しむこともできます。

 

TransBook T100 Chiはイオシスが在庫が豊富で安く購入することができます。興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク