2021年7月6日、かねてより噂がありました、Nintendo Switchの新型がついに発表となりました。

世界最大級のゲームイベントであるE3で、もしくはその前後で発表されるなんてリークありましたが、それもなくガセなのかな…なんて思っていたところにコレです。

まだSwitchを持っていない方はこれから発売される新型を購入する方がいいと思いますが、私のように既に持っているという方も多いかと思います。

果たして今回の新型は買い換える価値はあるのか、この記事が参考になれば嬉しいです。

旧型と新型の違いを徹底比較

Switch旧型と新型の違い・変更点
  1. ディスプレイが液晶から有機ELに変更となりサイズアップ
  2. スタンドがフリーストップ式に変更
  3. ドックに有線LANポートが標準搭載
  4. 本体容量が32GB→64GBに倍増
  5. スピーカー変更により音質がクリアに
  6. 5,002円高くなる
  7. 本体カラーがグレーからホワイトに(ネオンブルー・レッドは継続)
  8. 本体サイズが少し横長に
  9. 本体重量が少し重くなる

 

現段階で判明している両者の違いは9つ。パッと見た感じ「色が違うだけ?」なんて思うくらい似ていますが、結構変わっているんですよ。

液晶ディスプレイから有機ELディスプレイに変更!サイズもアップ

今回一番の変更点と言ってもいいと思いますが、ディスプレイが液晶から有機ELに変更となります。

またサイズも5.5インチから7インチに大きくなるため、色鮮やかな発色そして画面サイズが大きくなることで快適なゲームプレイが期待できそうです。

ちなみに画面サイズは大きくなりますが、Switch本体のサイズはほぼ変わりません。ベゼル(縁)を細くすることで実現した感じですね。

アラフォーの私には現行のSwitch、Switch Liteでは画面が小さく見づらいため、基本モニタに繋いでゲームしていましたが、新型であれば携帯モードでも楽しめそうです。

フリーストップ式のスタンドに変更

スタンドが一新され、自分の見やすい角度に調節できるようになりました。またスタンドがMicrosoftのSurfaceのような感じになりましたので強度もアップしている感じですね。

ドックが有線LANポート対応に

最近は無線でもそこまでゲームプレイに影響があるわけではありませんが、やはり有線の安定性には敵いません。

新型は有線LAN端子が標準で搭載されることになりました。

ストレージが32GBから64GBにアップ

現行機の本体容量はeMMC32GBでしたが、新型は64GBと倍増

スピーカー変更により音質がクリアに

スピーカーが変更となり、サウンドがよりクリアになるとのこと。まだどれくらい改良されるのかはわかりませんが、わざわざ変更点としてアピールするくらいなので、期待できそうです。

5,002円高くなる

新型の希望小売価格は37,980円(税込)。一方旧型は32,978円(税込)。その差5,002円です。

これは当然でしょう。特に有機ELになりサイズもアップしていることを考えると、この値上げは頑張った方だと思いますよ。

本体カラーがグレーからホワイトに(ネオンブルー・レッドは継続)

旧型の本体カラーはネオンブルー・レッドとグレーでしたが、新型はネオンブルー・レッドとホワイトの2つになり、グレーがなくなります。

新色のホワイトがカッコいいですね。汚れが目立ちそうですが、個人的に購入するならホワイトかなと思います。転売屋がいるのでしばらく無理かもしれませんが…。

ちなみにホワイトのJoy-Conとドックを単体販売する予定は現段階ではないとのこと。

本体サイズが少し横長に

  • 旧型:縦102mm、横239mm、厚さ13.9mm
  • 新型:縦102mm、横242mm、厚さ13.9mm

ディスプレイの部分で「旧型と新型のSwitch本体のサイズはほぼ変わりません」とお伝えしました。具体的には横に3mmだけ大きくなります。縦、厚さについては変わりません。

これについては特に問題はないかと思います。

本体重量が少し重くなる

  • 旧型:398g
  • 新型:420g

新型の方が22g重くなります。スマホでも20g違うと結構体感変わりますからね。ただこの辺は個人差がありますし、実機を触ってみないとなんとも言えないところです。

発売日と予約開始日は?

発売日は2021年10月8日(金)になります。予約開始日は2021年9月下旬となっています。

予約開始日がハッキリしましたら改めてお伝えさせて頂きます。

管理人が気になった点

新型Switchの全てが明らかになったわけではありませんので、あくまで現段階で公開されている情報について。

進化が見られる新型Switchですが、管理人的が気になった点やもう少し頑張って欲しかったなという点について触れていきます。

解像度、CPU、メモリ、バッテリー、ストレージについて

4K出力やCPUが一新されるなんて噂も一部ではありましたが、蓋を開けてみれば解像度、CPU、メモリ、バッテリー駆動時間は全く同じです。

  • 解像度:テレビモード(ドック接続時)1080p、ハンドヘルドモード720p
  • CPU:NVIDIAカスタマイズ Tegraプロセッサー
  • メモリ:4GB LPDDR4
  • バッテリー駆動時間:最大9時間
  • ストレージ:64GBに増量になったがeMMCのまま

ストレージも32GBから64GBに増量となりましたが、eMMCのままです。

正直Switchのゲームを4K出力する意味はあまりないと思いますので解像度についてはいいと思いますが、CPUとメモリ、ストレージには少し手を加えて欲しかったというのが正直なところ。

XBOX SeriesS、XやPlayStation5で遊んでいると、グラフィックが凄いのは当然なのですが、とにかくロード時間が短いんですよね。

全機種で発売されているようなソフト(マルチソフト)、例えばフォートナイトやスーパーボンバーマン R オンラインなどがありますが、両方プレイしている人間からするとSwitchのロード時間が圧倒的に長いため、ストレスを感じてしまいます。

値段を39,800円(税込)にしてもいいので、せめてSSD128GBにして欲しかったですね。

Joy-Conもそのまま(らしい)

Joy-Conもカラーリングが変わるだけで、中身はそのままのようですね。

ドリフト問題(触っていないのに勝手に動く)が話題になったように、Joy-Conは非常に壊れやすいです。

私もこれを使って2回ほど修理しています。Joy-Conは高いのでそう簡単にポンポン買えませんからね。耐久性がアップしていることを願わずにはいられません。

まとめ

Switch旧型と新型の違い・変更点
  1. ディスプレイが液晶から有機ELに変更となりサイズアップ
  2. スタンドがフリーストップ式に変更
  3. ドックに有線LANポートが標準搭載
  4. 本体容量が32GB→64GBに倍増(eMMCのまま)
  5. スピーカー変更により音質がクリアに
  6. 5,002円高くなる
  7. 本体カラーがグレーからホワイトに(ネオンブルー・レッドは継続)
  8. 本体サイズが少し横長に(3mm)
  9. 本体重量が少し重くなる(22g)

 

一方、解像度、CPU、メモリ、バッテリー、Joy-Conの性能は変わりません。

Switchをこれから購入予定の方は新型をオススメしますが、新型発売にともない旧型が値下げされるなら(現状不明)旧型もアリだと思います。

既にSwitchを持っていて、持ち運びせずTVモードで遊ぶ人なら新型をあえて購入する必要はないかもしれません。逆に携帯モードがメインという方には買い替えの価値はありそうです。

管理人はディスプレイの変更が気になるので、おそらく買っちゃうと思います(笑)。その際は改めてレビューさせて頂きますね。

とりあえず現状でわかっていることは全てまとめましたが、今後新情報が公開になりましたら記事も追記、変更しますので、よければブックマークしておいて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。