製造販売したマイクロソフトですらなかったことにしたがっている(?)SurfaceRTSurface2

この2機種には通常のWindows(7、8、10等)でなはく、WindowsRTと呼ばれるOSがインストールされています。

中古の価格を見ると1万円前後。結構安いですが、果たして今この2機種を購入する価値はあるのでしょうか?

管理人Haruが徹底検証していきたいと思います。

WindowsRTがインストールされたPCはストアにあるアプリしか利用できない

Microsoftはそれまで自社でパソコンを販売していませんでしたが、2013年3月15日(海外は2012年10月26日)に発売されたSurfaceRTを皮切りに本格的にPC市場に参入します。

作業する時はキーボードを使ってノートパソコンとして、プレゼンやネットサーフィン等ではタブレットとして使うという2つの機能を併せ持つ2-in-1のタイプ

スペックですが、CPUはNVIDIA Tegra 3、メモリは 2GB、ストレージは32または64GB、ディスプレイは10.6インチ(解像度1366×768)、重量680g。

当時のAndroidのタブレットでもよく見るスペックであり、その価格の安さ、そして軽さから発売前から注目を浴びていました。

しかしSurfaceRTに搭載されていたOSは、多くのパソコンに搭載されているWindows8や10ではなく、WindowsRT

このWindowsRTが市場に受け入れられませんでした。理由はWindowsのパソコンで普通に使っていたソフトがインストールできないという制限があったためです。

もう少しわかりやすく言いますと、今までデスクトップ画面で普通に使用できていたワードやエクセルなどのオフィスソフト、フォトショップなどの画像編集ソフトが使えないのです。

一応Google PlayやApple Store等の代わりとなるアプリストアがあり、そこで配布されているアプリはインストールすることができましたが、洗練されておらず使い勝手が悪いアプリが多かったですね。

また機能制限版のMicrosoft製のオフィスは使うことができましたが、マクロやVBAは使えず、どちらかと言うと、Googleドキュメントやスプレッドシートに近い感じでした。

2013年10月25日にはSurface2も販売され、CPUはNVIDIA Tegra 4、ディスプレイは10.6インチ(解像度1920×1080)に改善されましたが、売上は伸びず、WindowsRTは姿を消します。

ストアのアプリは少ない…ただ探せば様々なアプリが見つかる

現在Windows8以上のOSを利用している方は、Windowsにボタンをタップすると、「Microsoft Store(買い物袋のマークが目印)」をアプリ一覧の中に見つけることができるはずです。

それをクリックすると、SurfaceRTでも利用できる様々なアプリをチェックすることができます。ここにないアプリはSurfaceRTやSurface2では利用できません。

少ないですが、ストアにあるアプリの中から、いくつか日常利用できそうなものを紹介します。

まずは、「LINE」。これはスマホのものと同様に利用できます。他にTwitter用のアプリである「Mevy」、画像編集用のPhotoshop(元はスマホ向けのもの)Huluニコニコ動画、漫画を読むためのアプリ「Readia」といったものがあります。

アプリストアが見づらい、AndroidやiOSに存在するアプリが少ない、一覧表示や検索機能の問題でアプリの機能がわかりづらいなどの欠点もあります。

一番気になる点はGoogle製のアプリが一切存在しないことではないでしょうか。GoogleがGoogleMapやGoogleドライブなどを提供していれば、もう少し売れ行きが違ったかもしれませんね。

ストア検索をするだけでなく、ネットで目当ての機能を持ったWindows用アプリがないか探してみて、存在が確認できたらそのアプリの名前でストアを検索してみましょう。

発売当時の5~6万円という価格は高価でしたが、現在の中古市場での価格であれば、それなりに満足して利用できるタブレットPC。それがSurfaceRTやSurface2です。

結構古いパソコンのため、取り扱っている中古パソコンは少ないですが、イオシスとAmazonでわずかながら在庫を確認できました。

興味がある方はイオシスとAmazonをチェックしてみてくださいね。

イオシス公式サイト:https://iosys.co.jp/

created by Rinker
マイクロソフト
¥5,980 (2019/11/17 22:17:25時点 Amazon調べ-詳細)

長い目で見ればWindows10搭載のパソコンがオススメ

先ほど紹介したアプリや機能制限はあるもののMicrosoft純正のOfficeを使うくらいの用途であれば、SurfaceRT、Surface2でも満足できるかと思います。

ただ、

  • 今まで使ってきたアプリを使いたい
  • OfficeではマクロもVBAも使いたい
  • 使い勝手も今までのものがいい

という方にはWindows10搭載のパソコンの方がいいでしょう。やはり人それぞれ使い慣れたアプリってありますよね。私もそうです。

そういった方にはSurface3をご紹介します。

Surface3にはWindows8.1または10がインストールされており、CPUはIntel Atom x7-Z8700、メモリはストレージ64GBで2GB、128GBで4GBになります。

ディスプレイは10.8インチで解像度は1920×1280。USB 3.0ポート、microSDカードリーダー、Mini DisplayPort、イヤホンジャックも搭載されています。

別売りのタイプカバーを使えばノートパソコンとして使えますし、Surfaceペンを使えば紙に書くような感覚で手書き入力も可能です。

iPad ProのApple Pencilも使った私の体感ですが、Apple Pencilには追従性は劣りますが、ちょっとしたイラストを描いたり、メモを取るくらいでしたら快適に使用できるでしょう。

重さも622gと非常に軽く、サイズ的にも持ち運びもラク。もし2万円~3万円程度の予算を用意できるなら、SurfaceRTよりもSurface3を購入することをオススメします。

Surface3は先ほど紹介した中古パソコン専門店のイオシスで購入することができます。在庫は少ないので一度チェックしてみてくださいね。

 

>>イオシスでSurface3の在庫をチェックしてみる

 

スポンサーリンク