WindowsのタブレットPCの中で最もポピュラーな存在であるSutfaceシリーズ。この記事では、2016年12月時点での最新モデルであるSurface Pro4のメリットとデメリットを解説します。

Surface Pro3とどう違うのか、どんな人におすすめなのか知りたい方はご覧ください。

Pro3よりも薄く軽くなっていることが、Surface Pro4のメリット

Surface Pro4は、Surface Pro3に比べて薄く軽くなっています。横幅や高さは0.1mmほど大きくなったものの、厚さはSurface Pro3の9.1mmから8.4mmまで薄くなっているのです。

 

重さはPro3の800gから、Core m3モデルなら766gにまで軽くなっています。Surfaceシリーズは12インチ台のノートパソコンなので、持ち運ぶにあたっては軽いに越したことはありませんよね。

 

Pro3よりもより持ち運びやすいのが、Surface Pro4の魅力です。

画面サイズや解像度も上がっている

本体は薄く軽くなりましたが、画面サイズは少し大きくなりました。Surface Pro3は12インチの画面でしたが、Pro4は12.3インチです。

 

これに伴い画面解像度も、2160×1440から2736×1824にまで上がっています。MacBook Proは2560×1600ですので、MacBook Proをも超える解像度ということになりますね。

 

よりきれいで大きな画面のパソコンが欲しい場合は、Surface Pro4がおすすめです。

CPU性能が上がっている

第4世代のCPUが搭載されていたSurface Pro3。Pro4では第6世代のものが採用されているため、CPU性能も上がっています。

 

同じCPUのクラスでも性能を重視するなら、Pro4の方が良いでしょう。

まとめ

Surface Pro4では、本体がより持ち運びやすく、そして使いやすくなっています。

 

ただし、今回紹介した進化しているポイントにそれほど興味がわかないのであれば、中古相場が安くなっているSurface Pro3を購入した方が良いでしょう。

 

同じくらいの金額でも、中古のPro3なら新品や中古でPro4を買うよりもより性能の良いモデルを購入できます。また、キーボードなどのオプションを差額で購入できるというメリットもあります。

 

購入を検討されている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク