今回はHPが販売するノートパソコンStream 11のメリット、デメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク

HP(ヒューレットパッカード社)の安価なパソコン

Stream11は、KINGSOFTのOFFICE付属で31000円、OFFICEなしであれば29000円程度で販売されているノートパソコンです。

 

ASUSが販売するX205TAと双璧をなす、2016年現在新品で購入できる安価なパソコンです。Stream11の最大のメリットは、値段の安さということになります。

 

ちなみにWindows8.1搭載のものと10搭載のものがあり、最新版では10が搭載されています。Windows 8.1モデルは無線LANのac規格に対応していませんが、10の最新版では対応しています。

 

そのため、新品で購入するのであればWindows10搭載のものがおすすめです。

非光沢液晶と美しいデザインが魅力

Stream11の画面サイズは11.6インチ。X205TAと同じです。大きな違いは、液晶が非光沢ディスプレイであるという点です。映り込みがほとんどないので、画面がはっきりと見えます。

 

動画を見るときは、光沢ディスプレイの方が綺麗に映像を楽しむことができます。しかし、Stream11であれば映り込みがないので、外部の光などが画面に映って見づらくなることがありません。

 

画面がよく見えるのはStream11、綺麗なのはX205TAです。

 

デザインについては、X205TAは普通のノートパソコンといった趣ですが、Stream11は結構派手です。

 

全面が青く、鮮やかです。個人的にはかなりカッコいいと思います。ビジネス用途にはあまり向いていないかもしれませんが、普段使いであればこちらの方が魅力的ではないでしょうか。

スポンサーリンク

性能が高いということはないが、普段使いには十分

HP Stream 11は重さが1.2kgとそれなりに軽く、メモリは2GBとそこそこのスペックとなっています。

 

最大のデメリットは、HDDに相当するストレージの容量が32GBであるということ。つまり、大きなデータをやりとりすることは諦めたほうがいいということになります。

 

最近の3Dゲームなどはインストールすること自体が難しいですし、動画や画像データもどんどん入れていくとすぐに満杯になってしまいます。

 

ただし、この問題の解決策が一つ用意されています。Stream11を購入すると、マイクロソフトのOne Driveを100GB分、2年間使用できるようになります。

 

動画や音楽、画像データであれば、One Driveのストレージにアップロードしていくことで、本体の容量が少なくなっていくことをある程度抑えることができます。

中古価格は新品とそれほど変わらない

Stream11は新品で3万円程度ですが、中古市場では25000円程度で取引されています。元々新品の値段が非常に安いため、わざわざ中古で購入するメリットはあまりないのが現状です。

 

中古パソコンの場合、Stream11よりも高い性能のパソコンを同程度の値段で購入できる場合があります。

 

よって中古で20000円以下で販売されていた場合は購入を検討してもよいかと思いますが、それ以上であれば少し予算を足して新品を購入するか、同価格帯でStream11よりも性能が高いパソコンを購入されることをおすすめします。

>>stream11についてもう少し詳しく知りたい方は公式サイトへ

 

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク