パソコンを購入する際にスペックやマウスなどの周辺機器のことは考えると思いますが、意外と見落としがちなのが、パソコンのセキュリティです。

 

コンピュータウイルスの対策を行うことは、とても重要です。

 

ウイルス対策ソフトは無料のものから有料で高価なものまで様々なものがあり、Windowsであれば標準でウイルス対策機能が備わっている場合もあります。

 

この記事では、中古パソコンのセキュリティについて解説していきます。

スポンサーリンク

パソコンは新品・中古にかかわらずウイルス対策をしておくべき

パソコンをインターネットに接続して使用するなら、ウイルス対策は重要です。具体的には、ウイルス対策用のソフトをインストールして対応します。

 

新品であっても中古であっても、インターネットを使うならいつ自分のPCにウイルスが感染してもおかしくありません。

 

ウイルス対策をしなかった場合、データが流出してしまったり、パソコンが壊れてしまったりと様々なデメリットが生じる危険性があります。

 

起こってしまってからでは何もかも手遅れです。もしもの時のために、しっかりウイルス対策をしておきましょう。

Windowsには、Windows Defenderが標準装備されている

ウイルス対策ソフトには色々あるわけですが、実はWindowsであれば、標準でWindows Defenderというウイルス対策機能が内蔵されています。

 

Windows8以降のパソコンはウイルスやルートキットの検出ができるため、ウイルス対策機能が充実するようになりました。

 

例えばWindows10なら「リアルタイム保護」をオンにしておけば、ウイルスの感染を防ぐことができます。

 

ダウンロードしたファイルのスキャンもできますし、Windows Defenderはなかなか優れた機能を持っています。

スポンサーリンク

Windows Defenderだけで心配なら無料のウイルス対策ソフトを

Windows Defenderはあくまで標準で内蔵されている機能なので、ちょっと不安がありますよね。

 

「もっとしっかりしたウイルス対策ソフトをインストールしたい」ということであれば、無料でも色々な選択肢があります。

 

「アバスト!」「AVG」、「Avira」といった無料のセキュリティソフトを入れておけば、ウイルス対策はより安心です。

無料でも心配なら、有料のウイルス対策を

無料のソフトだと心配な部分もあります。無料だけにその後のアップデートがなかったりとか。その状態で気づかずに使い続けるというリスクもあります。

 

そういった方は「ESET」「ウイルスセキュリティZERO」、「ノートン」、「ウイルスバスター」といったソフトを購入してインストールすればOKです。

 

当然ですが、有料ソフトはお金がかかるだけあって、無料ソフト以上にしっかりとしたウイルス対策が可能です。

 

確かに「中古パソコンを安く買ったのに、有料ソフトを入れたらまたお金がかかるじゃないか!」と思われる方もいるとは思います。

 

ですが、ある程度長くそのパソコンを使うつもりであれば、有料ソフトの利用をおすすめします。

 

ちなみに私は上の画像にあるように、ウイルスバスターをインストールしています。

 

ウイルスバスター公式サイト:https://www.trendmicro.com/

Macでもウイルス対策は必要

「Macはウイルスがそれほど多くないからウイルス対策は不要」という話を聞いたことがありませんか?

 

実際はそんなことはありません。

 

Macにも様々なウイルス対策ソフトがあるので、これらを活用してセキュリティを強化しておきましょう。

 

Macのウイルス対策については別記事で詳しく解説します。

ウイルスに感染した中古パソコンが販売されている可能性は?

新品のパソコンでさえウイルスに感染している可能性がありますので、中古パソコンもウイルスに感染した状態で売られている可能性もゼロではありません。

 

ただヤフオクやメルカリなどの個人取引やディスカウントショップで売られているものなら可能性もありますが、中古パソコン専門店であればその可能性はほぼゼロです。

 

それでも心配な方は、購入後にとりあえずパソコンを初期化して、ウイルス対策ソフトをインストールしてから利用を開始すれば万全です。

サポートが終わっているような古いOSはウイルス感染リスクアップ

例えばWindowsXP、Vistaのような古いOSですと、マイクロソフトが既にサポートを終了しているため、新しいウイルスに対抗できない恐れがあります。

 

OSは可能な限り最新のものをインストールするようにしてください。現在ならばWindows10がおすすめです。

 

私は1台だけWindows7のパソコンが残っていますが、残りはすべてWindows10にアップデートしています。

 

Windows7のサポート期間は2020年1月14日までとなっていますので注意しましょう。

まとめ

新品・中古パソコンに限らず、パソコンをインターネットに接続する以上、ウイルスに感染する危険性があります。

 

ウイルス対策をしっかり行いたいということであれば、できるだけ最新のOS(Windows10)が入ったパソコンを選び、ウイルス対策のセキュリティソフトもインストールしましょう。

 

起こってからもなんとか対処できる問題と、起きてしまってからでは手の施しようがない問題がありますが、パソコンのウイルス感染は後者です。

 

気づいたら…

  • 自分のみならず仕事の顧客データがネット上に流出していた
  • 不正にクレジットカードを使われた

なんてことになったら大変なことになります。最悪仕事を失う可能性だってあるのです。

 

脅かすつもりはありませんが、パソコンのセキュリティは甘く見ない方がいいですよ。

 

ウイルスバスター公式サイト:https://www.trendmicro.com/

 

スポンサーリンク