スポンサーリンク

ポメラのパソコン版とでも言うべき商品

ポータブックは、キングジム社から発売されたノートパソコンです。またキングジムが初めて発売したノートパソコンが、このポータブックになります。

 

キングジムはポメラで有名なメーカーです。ポメラをご存じない方のために説明すると、小型の持ち運びしやすい、電池で動かせるワープロです。

 

文章を書く際に手軽に持ち運べることがこのポメラの魅力でした。そんなポメラを作ったメーカーがパソコンを作ったということで、話題となっています。

 

ポータブックの最大の特徴は、8インチという非常に小さな画面サイズの小型のパソコンでありながらフルサイズのキーボードを備えているということです。

 

入力がしづらいことが多くの小さなパソコンの欠点でしたが、ポータブックではそれが解消されています。

 

これはキーボードが真ん中で真っ二つに割れた状態で格納されていて、使用するときに開くというギミックが備わっているためです。

 

ポメラと同様に、手軽に持ち運んで外出先での執筆・データ入力作業ができることがこのポータブックのメリットです。

スポンサーリンク

最大のデメリットは値段とスペックが吊り合わないこと

そんなポータブックですが、デメリットもたくさんあるために、話題とはなりながらも実際に購入している人は少ないことがネット上ではうかがえます。

 

最大のデメリットは、価格です。オープン価格となっていますが、実売価格は9万円を超えていました

 

8インチTFT液晶、AtomのCPU、2GBのメモリ、32GBのストレージと、2~3万円で購入できる格安のノートパソコンとほとんど変わらない性能でありながらもこの値段だったため、注目されながらも結果的に人気のない機種となってしまっているのです。

 

9万円も出すくらいなら結構高性能なノートパソコンが買えてしまいますからね。また、サイズは小さいのですが厚さは昔のノートパソコンのような分厚さとなっていることもデメリットとして挙げられます。

 

画面解像度も1280×768と低めですが、このパソコンは作業に使うためのものですのでそれほど問題はないでしょう。ただし、輝度が低く質はあまり高くないとされています。

価格が下がるのを待つのがベスト

ポータブックは、現在新品が7万円台で購入できるようになってきています。中古相場も7万円台です。しかし、正直言ってこの値段でもまだまだ価格と性能は釣り合っていません。

 

この機種の魅力は性能ではなく、「小さいのに大きなキーボードが使える」という点です。そのため性能自体はそれほど重要視しなくても良いのですが、それでも同程度のスペックのパソコンが3万円程度で購入できることを考えると厳しいでしょう。

 

売れ行きは正直芳しくないものと思われますので、まだまだ価格が下がっていく可能性があります。気になっている方もまだ購入せずに、もうしばらく様子を見てはいかがでしょうか。

 

中古・新品を問わず、価格が4万円台まで下がった時が狙い目です。少なくとも、5万円台になるまでは様子を見ることをおすすめします。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク