Officeソフトといえば基本的にMicrosoft製を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし文書作成ソフトには一太郎というソフトも販売されています。

スポンサーリンク

中古のパソコンには文書作成ソフトが入っていない場合がある

中古でノートパソコンやデスクトップパソコンを購入した時、MicrosoftのOfficeが入っていないという場合が結構あります。そのままでは文書作成はできないので、なんらかのソフトを導入する必要があるのです。

 

多くの方は、Microsoft Officeを購入するかその他のOffice代替ソフトを利用することになるでしょう。

 

Microsoft Officeを現在購入する場合は、Office365というものを購入することになります。これは毎年更新する必要があり、1年ごとに12000円程度支払わなければいけません。

 

毎年12000円支払うのはちょっと…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでもう一つ候補として挙げたいのは、ジャストシステムが販売する一太郎です。

 

1990年代には日本で非常に大きなシェアを持っていた一太郎。一太郎は現在も毎年更新されており、そしてWordにはないような様々な機能も備えています。

 

最新の一太郎2016は、17000円程度で購入できます。Office1年分の金額に少し足せば、長い間利用できる一太郎を利用することができるということになります。

 

さらに、古いOfficeを持っているのであれば優待版を購入できます。なんと値段は10000円程度で、ネット通販では8000円台です。

一太郎はWord形式でのファイルの書き出しに対応している

一太郎では、基本的には専用のファイル形式(.jtd)で文書を作成します。しかし、実は.docというWord形式でもファイルを保存できます。

 

Excelを利用しないのであれば、一太郎も十分にWordの代替ソフトとしては扱えますので候補としては過不足ありません。

 

ちなみにExcelの代替品も欲しいということであれば、一太郎と同じジャストシステムが花子というソフトを販売しています。このソフトは1万円程度で購入できます。

 

ダウンロード版であれば8000円程度ですので、セットで購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

一太郎にはATOKが付属する

ATOKをご存じでしょうか。文章を打って漢字に変換する、いわゆるIMEソフトです。現在はスマートフォンでもアプリとして登場しています。

 

ATOKは、長い文章を一気に変換する際にとても便利です。このATOKは、単体でも購入できますが一太郎に付属しています。

 

このソフトの存在だけでも、一太郎を購入する価値は十分にあります。

基本的にはOfficeの購入が無難、しかし一太郎も見所がある

Microsoft Officeは高いですが、日本のほとんどの企業や学校で使用されています。そのため、仕事で使用するのも基本的にMicrosoft Officeである可能性が高いです。

 

一太郎はかつては圧倒的なシェアを持っていましたが、今は廃れ気味です。そのため、購入にかかる金額・初期投資は高いものの日常的にOfficeを利用していた方が基本的には無難です。

 

しかし日本人に向けたワープロソフトですし、なにしろ値段が安いということで、一太郎も捨てがたいところではあります。ATOKも付属しますしね。

 

公式サイトでは一太郎の体験版をダウンロードできますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

>>ジャストシステム直営ECサイト Just Myshop

 

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク