今回はパソコンを自作するにあたって一番大事なパーツの一つであるマザーボードについてお話していきます。

マザーボードで一般的なのはATXとmicro-ATX

マザーボード。これがなければCPUもメモリもただの板です。マザーボードにすべてのパーツを接続し、ケースに挿入することでパソコンは動くようになります。

 

ATXという規格のマザーボードは一番サイズが大きく、拡張性も抜群です。micro-ATXはサイズが小さめで、その結果ATX用の大きなケースよりも小さなケースに収納することができます。

 

この記事で紹介するMini-ITXは、さらに小さなマザーボードです。

Mini-ITXはとにかく小さいのがメリットだが、注意点がいくつかある

Mini-ITXのマザーボードは縦、横ともに17cmで、CPUはIntel対応のものとAMD対応のものがあります。マザーボードが小さくなるということは、micro-ATXと同様にケースも小さくて済むということです。

 

ケースは様々なサイズのものが売られていて、中にはMini-ITXのサイズの意味がなくなってしまうような物もあるので注意しましょう。

 

小さいケースであれば、高さも幅もATXのものと較べると半分かそれ以下にまで抑えることが可能です。ただし、小さくなればなるほど拡張性は失われていきます。

 

例えばHDDを1つしか取り付けられなかったり、装着できるグラフィックボードやCPUクーラーに物理的な制限があったりします。

 

もう一つ注意点として、マザーボードによってメモリがデスクトップ用のものを使用する場合とノート用を使用する場合がある点が挙げられます。

 

事前にパーツを揃えておいたのにマザーボードと合わなかったということがないように、気をつけなければいけません。

 

なお、かつては使えるCPUに制限があったり、小さいため高価で性能の高い大きなグラフィックボードがつけられなかったりしましたが、近年はそれぞれ緩和されたり、対応策があったりします。

 

ハイスペックなものを作ることもできるようになってきましたが、基本的にはMini-ITXでの自作はサイズ重視です。高性能なパソコンは、ATXで作りましょう。

種類が少ないが、中古市場にもMini-ITXのマザーボードは出回っている

Mini-ITXのマザーボードは、中古市場にもよく流れてきます。

 

新品でも安いものであれば4000円程度から存在するMini-ITXのマザーボード。中古市場では、古いものなら1000円台でも入手できます。

 

ただし、古いマザーボードの場合は、現在新品で売られているCPUやメモリを使用できない場合がありますので、しっかりと確認してから購入しましょう。

さらに小さいMini-STXという規格が今後登場する

サイズの小ささでは一番だったMini-ITXですが、2016年に新たな規格「Mini-STX」が登場しました。まだ販売はされていませんが、こちらはCDケースサイズのマザーボードといわれています。

 

より小さなサイズでの自作を行いたいという方は、今Mini-ITXでパーツを揃えずにMini-STXの登場を待ってみることをおすすめします。

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク