今回はパソコンに必須のパーツであるメモリーについてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

メモリーは積めば積むほどパソコンの性能が上がる

パソコンを動かすには、メモリー(RAM)が必要です。メモリーは、よく黒板や机に例えられます。

 

パソコンが作業を行うときに使われるのがメモリーであり、容量が多ければ多いほど作業スペースが広くなるため、処理時間が短くなっていくためです。

 

つまり、メモリーの容量が増えるほどパソコンの性能は上がります

 

多くのパソコンは後からメモリーを増設することができますので、現在の処理速度に納得がいかないという方はまずメモリーの増設を考えましょう。

パソコンには搭載できるメモリーの最大量が設定されている

メモリーを増設する際の注意点は、パソコンごとに詰めるメモリーの最大量が設定されているということです。パソコンの説明書や商品説明ページに記載されていますので、確認しておきましょう。

 

もしも最大量を超えて増設しても普通に動くこともありますが、追加された分が認識されないこともありますので止めておいた方が無難です。

 

作業中にストレスを感じたくない方は、そのパソコンの最大量にまでメモリーを増設しておくことをおすすめします。

 

ただ近年はメモリーの増設を行うことができないパソコンも徐々に登場しています。特に薄型・小型化を謳っている機種に多い傾向にあります。

 

メモリが増設可能かどうかについてはネットで調べることができますので、増設を検討されている方は購入前に調べておきましょう。

 

後からメモリーの増設ができない(又は非常に困難な)パソコンの場合は、購入時点でメモリー増設のオプションが備えられていると思いますので、金額は上がりますが設定しておきましょう。

 

もちろん、あまり動作速度を気にしないという方であれば初期状態のままでも問題はありません。

スポンサーリンク

デスクトップ用、ノート用が存在

メモリーには、デスクトップ用とノート用が存在します。一目見れば、何用であるかはすぐにわかります。

 

デスクトップ用は長く、ノート用はその半分程度の長さとなっています。

同じサイズでも容量や仕様の違いがある

ここからがちょっと複雑です。メモリーは素人目にはどれも同じような形をしていますが、たくさんの種類が存在します。

 

大きなくくりから説明しますと、メモリーには世代があります。現在の主流はDDR3ですが、2015年時点で既に新世代であるDDR4が登場しています。

 

さらに、DDR3より前のDDR2、DDR、そしてさらに古いSDRAMといったものが存在します。この他にもいくつかありますが、今回は長くなりますので割愛します。

 

そして、DDR3の中にはDDR3-1066、DDR3-1333、DDR3-1600、DDR3L-1600といった型番の違うバリエーションがあります。さらに、その中で2GB、4GB、8GBなどの容量違いが存在しているのです。

 

ただ、基本的に数字が大きいほど性能が高いということを覚えておきましょう。

 

DDR3のメモリーが初期状態で搭載されているパソコンであれば、基本的にはDDR3のメモリーならばどれでも動きます。

 

しかし、稀に相性が合わずに認識されないこともありますので、できるだけ元から入っていた、つまり公式サイトに記載されている型番のメモリーを購入して増設しましょう。

 

ちなみに、DDR3のメモリーの入ったパソコンにはDDR2やその他のメモリーは使えませんので注意が必要です。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク