タブレットPCといえばiPadやSurface、そしてZenPadといったものが人気ですが、徐々に日本でも知名度を上げてきているのがMateBookです。

HUAWEI(ファーウェイ)製のタブレットPCであるMateBookは、Surfaceのように別売りのキーボードやペンを使って様々なことができます。タブレットとしてもノートパソコンとしても、見所のある端末ですね。

この記事では、MateBookの詳細を解説します。

MateBookは12インチのタブレットPC

MateBookは、12インチサイズのタブレットPCです。12インチは、iPad Proの12.9インチモデルより少し小さいサイズですね。

 

OSはAndroidではなくWindows10が搭載されているため、Officeで文書作成をしたりイラスト作成ソフトを使ったり、場合によっては動画編集をしたりと、色々なことが行えます。

 

ディスプレイは先程お話したように12インチで解像度は2160×1440、そしてIPS液晶を採用。CPUは第6世代CoreプロセッサであるCore mを搭載。メモリは4GB又は8GB、SSDは128GB、256GB、512GBから選択可能です。

 

MateBook本体は一般的なタブレットPCと同様に、キーボードなしの板のような端末になっています。ただし別売りのキーボードを装着すればSurfaceを彷彿とさせるノートパソコン型端末に変化します。

 

Surfaceとの大きな違いは、Surfaceは本体の背面にスタンドがあるものの、MateBookにはないことでしょう。

 

単体で立たせることはできませんが、MateBookにキーボードを着けた際は、キーボードに合体させることで自立させることが可能です。机などに置くときは、キーボードがあると良いですね。

MateBookはペンを使える

MateBookは、Surfaceと同様に専用のペン「Mate Pen」を使うことで、絵を描いたり文章を書いたりすることができます。

 

さらにMate Penは、レーザーポインターとして使うことも可能です。つまり仕事でプレゼンをするときなどにも使えるのが、Mate Penのメリットです。

MateBookはスペックによって価格が異なる

MateBookには様々なスペックのバージョンがあります。

 

メモリやSSD、CPU、OSに違いがあり、当然ながら性能が上がるほど価格も高くなります。中古で購入する場合は、必ずスペックを確かめましょう。

まとめ

MateBookは、コストパフォーマンスが高く、とても人気のあるタブレットPCです。まだ中古市場には多く出回っていませんが、2017年にはたくさん市場に流通することが考えられます。

 

安さ重視ならCorem3のメモリ4GB・SSD128GBモデル、性能重視ならCorem5のメモリ8GBモデルを探してみると良いでしょう。

[amazonjs asin=”B01MXEOV5S” locale=”JP” title=”HZ-W09 ゴールド MateBook M3 キーボードセットモデル(Win 10)”]

 

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク