Let’s note CF-S8は2万円以下で購入できるノートPC

現在、ネットオークションや中古ショップにおいて2万円以下、ジャンク品であれば5000円程度でも取引されているノートパソコンがCF-S8です。

 

この機種は2009年の冬に登場したもので、発売から7年近い月日が流れています。しかし、売り買いがまだまだ活発に行われているモデルです。

 

CF-S8の魅力は、サイズです。12.1インチという小さめの液晶に、1.32kgという当時としては軽めの重量。ネットブック全盛期だった当時の需要に合わせたモデルが、CF-S8でした。

 

なお、厚さは現在家電量販店で売られているパソコンよりは少し厚めです。

 

ノートパソコンのCPUはCeleronやAtomといったものが主流ですが、この機種ではCore2 DuoのP8700が搭載されています。CPUクロックは2.53GHzです。

 

メモリは標準でも2GB 、最大では4GBと、必要十分です。Windows7が標準で搭載されていました。

 

Windows10へのアップグレードも、とくに問題なく行うことができます。ネット上にアップグレード成功報告もいくつか挙がっていますので、安心です。

 

画面の解像度は、1280×800です。retinaディスプレイという高画質な液晶のMacBookが登場した今の目で見ると高い解像度とは言えませんが、決して低くもありません。ノートパソコンの12インチのモデルとしては、標準の解像度です。

デメリットは古い機種であるということ

この機種を購入するデメリットは、やはり発売したのが7年前であるということです。それ以外にはとくにデメリットはありませんので、この点だけは納得した上で購入しましょう。

 

初期状態のWindows7でも2020年まではサポートがありますし、7から10には2016年の7月29日までは無料でアップグレードもできます。

 

OSが入っていない状態でこのパソコンを購入する場合は、Windows7を新品で入手するかあえてWindows10や8.1を購入するか。あるいは、LinuxのOSを導入するかを考える必要があります。

 

また、OSがない状態であるのならば先にHDDを交換してしまうのもいいでしょう。

 

初期状態では250GBのHDDが搭載されていますが、もっとたくさんの容量が欲しい場合はOSを導入する前に交換することをおすすめします。

Let’s note CF-S8は中古で購入することをおすすめできるパソコン

CF-S8は小型・軽量が魅力のノートパソコンです。持ち運びに適している機種と言えますね。

 

中古の場合は付属していない場合もありますが、付属のACアダプターさえも小型・軽量となっています。

 

そして小型でありながらもLet’s noteの特徴である頑丈さはそのままです。

 

購入を迷っている方、または中古ショップでこのパソコンを見つけた方は、ぜひ購入されることをおすすめします。

[amazonjs asin=”B00LU8VXFW” locale=”JP” title=”【外見綺麗 4GB メモリ】 Let’s note CF-S8 Core2 Duo 2.53G HDD 250G DVD書込 無線LAN内蔵 Win7Pro”]

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク