スポンサーリンク

完成済みの自作PCが売られている

自作PCといえば、自分でパーツを購入して組み立てるというイメージがありますよね。

 

パーツ単位で部品を選べるのが自作PCのメリットです。しかし、自作PCは完成品でも購入することが可能です。

 

その入手先はネットが主流ですが、稀にハードオフなどの中古ショップでも販売されています。

 

この記事では、中古の自作PCを購入する際に気をつけることを解説していきたいと思います。ぜひチェックしてみてくださいね。

自作PCはパーツ構成をチェックする必要がある

完成済みの自作PCを購入する場合、一番のポイントとなるのがパーツ構成です。

 

なにしろ自分で部品を選べるのではなく、元の持ち主が自分の用途に合わせて組んでいるので、それが自分にも合っている構成であるかどうかはわかりません。

 

ヤフオクなどで購入する際は、どのようなパーツを使用しているのかを商品説明の記載をよく読んでチェックしましょう。部品の情報は、型番を検索すれば多くが表示されます。

 

記載されていないパーツについて知りたい方は質問をするのもいいでしょう。場合によってはパーツがすべて揃っているのではなく、例えばケースとマザーボードとCPUだけなどの半完成品状態で売られていることもあります。

 

つまり、説明欄をよく読まずに購入すると、様々な問題が生じる可能性があるということです。注意しましょう。

スポンサーリンク

ネットで購入した場合、説明と異なるものが届くことも

ネットで個人から購入する場合は、相手の出品者としての評価を確認しましょう。評判が悪い出品者の場合は説明と違うものが届く可能性があります。そうでない場合でも、例えば説明にない大きな傷などがあることがあります。

 

「ノークレームノーリターン」という言葉を記入してごまかす出品者もいますが、説明にない重大なことを隠している場合それは通用しませんので、よほど気になる場合は出品者に連絡を入れましょう。

 

ハードオフなどの店頭で購入する場合は、動作確認済みかどうかを確かめましょう。動作未確認の場合、店によっては確認をさせてくれる場合もあります。

 

ケース内部の状況なども基本的にはチェックできますので、確認しておくことをおすすめします。

自分で見分けられる人におすすめ

完成済みの自作PCは、チェックしなければいけない点が通常の中古PCよりもたくさんあります。そのため、自分で細かい部分まで確認できる人におすすめです。

 

最新の部品をたくさん搭載しているものは値段が高く、古いものはかなり安いことが多いですが、総じてパーツを単品で購入して組み立てるよりも安価です。

 

ただし、組み立ての仕方が雑だったりもします。そういった場合にもしっかりと自分で対応できるのであれば、ぜひ完成済みの自作PCを購入してみてはいかがでしょうか。

 

なお、デスクトップのパソコンは送料が高いことが多いのでその点も気をつけましょう。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク