スポンサーリンク

d-01gの後継機がd-02H

2016年現在、docomoから発売されているAndroidタブレットが今回ご紹介する「dtab Compact d-02H」(以下、新型)です。

 

このモデルは画面サイズが8インチで、今まで販売されていた「d-01g」(旧型)の後継機と考えられます。製造している会社も、ファーウェイと共通しています。

 

元々性能が低めだった旧型と較べると、格段に性能が向上しているのが今回の新型dtabです。

 

それでは、性能について解説していきたいと思います。

相場が安く、性能も申し分なし

最大の特徴は、画面解像度の向上です。WUXGA(1920×1200)という高解像度になったことで、映画などを見る際にとても細かい部分まで確認できるようになりました(フルHD動画などの再生において)。

 

旧型の解像度は1280×800とHD画質だったため、徐々に市場に増えてきた高解像度のタブレット達と較べると劣っているのが弱点でした。今回の新型では、この弱点が解消されているのです。

 

さらに、メモリも2GBに増えました。無線LANも旧型には対応していないac規格に対応したため、さらに速い通信が可能となっています。

 

OSもAndroid4.4から5.1に上がりました。本体の重さは5gだけ増えましたが、ほとんど違和感はないでしょう。

 

付属品は、本体とスタンドです。microUSBケーブルは付属していないので、注意が必要です。

 

そしてもう一つ注意点があります。それは、MVNOの格安SIMを利用する場合、テザリングをこの機種で行うことができないということです。

スポンサーリンク

中古よりも未開封品がおすすめ

さて、新型dtabの相場ですが、未使用品が24000円前後、中古品が22000円前後となっています。

 

実質新品と変わらない未使用品と中古品の相場がほとんど変わらないため、この機種は未使用品で購入することをおすすめします。

 

docomoはこの機種を契約させるために様々な割引を行っていますので、今後も相場が下がっていく可能性はないとはいえません。

 

今すぐ欲しいという方は今購入してしまっても十分に満足できるはずですが、待てる方はもう少し待ってみるのも悪くないでしょう。

 

そしてこの機種の登場で旧型dtabは価格が下がったのかというと、そんなことはありません。ここ半年程度、11000円程度の価格帯で販売され続けています。

 

旧型と新型には性能に差がありますが、価格にも1万円差があります。旧型は我慢するべきポイントがいくつかある機種でしたが、新型は何もかも快適です。

 

快適さのために1万円を支払えるかがどうかが、どちらを選択するかにおいては重要なポイントです。個人的には1万円を追加で払って新型を手に入れる価値は大いにあると思っています。

 

Androidタブレットの中でも、2016年最もおすすめしたい機種が新型dtabです。

 

dtab Compact d-02Hはイオシスが在庫が豊富かつ安く購入することができます。興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク