スポンサーリンク

Windowsには最低限必要なメモリ容量が決められている

現在はWindows10が徐々に勢力を強めていっています。Windows10は7や8から無償でアップグレードすることができますが、動作させるための最低限必要なスペックも決められています。

 

Windows10の32bit版は、動かすにあたって少なくとも1GBのメモリが必要となっています。そして推奨される最低限の容量が2GBです。

 

そのため、最近は安価なWindowsタブレットであっても、基本的には2GBのメモリが搭載されています。ちなみに64bitの場合は最低2GB必要で、4GBが推奨スペックです。

 

最低限のメモリだと非常に動作が遅くなってしまう場合がありますので、基本的には推奨の容量の倍程度のメモリを搭載しておいたほうが安心です。

 

ただし、Windows10の32bit版では最高で4GBまでしかメモリを搭載できない仕様となっています。

 

64bitの場合は標準で最高128GB、Proならば2TBまでメモリを搭載できます。しかし一般的な用途でこのような容量のメモリを搭載する意味はまずないと考えて良いでしょう。

メモリがあまり必要ない作業

簡単なネットサーフィンをしたり、たまにWordなどのOfficeソフトで文書を編集したりといった用途の場合は、4~8GB程度のメモリを積んでおけば大丈夫です。

 

32bit版ならば4GB、64bitならば8GBあれば十分ではないでしょうか。

 

もちろんメモリ容量は多いに越したことはありませんが、メモリを増設するにはそれなりにお金がかかりますよね。そのため、むやみにメモリにばかりお金をかけても宝の持ち腐れになることがあります。

 

事務的な用途でたまにパソコンを使うという程度であれば、それほどメモリを積む必要はありません。

スポンサーリンク

メモリがたくさん必要な作業

メモリをたくさん積んでおいたほうがいいのは、ゲームをしたり動画を編集したりする場合です。

 

パソコンでは非常に高性能なスペックを必要とするゲームもたくさん販売されています。

 

プレイステーション4などの最新ゲーム機以上の性能を要するようなゲームを行う場合、メモリは16~32GB程度積んでおいたほうが良いかもしれません。

 

また、動画編集においてもフルHDや4Kなど高画質な動画を細かく編集する場合はメモリをたくさん積んでおいたほうが良いでしょう。

パソコンを購入するときはメモリの容量を確認する

家電量販店で既に完成しているパソコン、つまりノートパソコンや液晶一体型PC、デスクトップパソコンなどを購入するときは、メモリがどのくらい搭載されているか確認しましょう。

 

また増設したり取り替えたりすることが可能かどうかについても合わせて確認するようにして下さい。

 

パソコンによっては後からメモリを変更できない場合があるため、その場合は自分の用途に合っているかをよく確認してから購入することをおすすめします。

 

また、ネットで購入する場合のみ、メモリの容量変更を受け付けているパソコンもありますので購入時はよくチェックして下さい。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク