中古パソコンを購入する際に、初めから入っているOSを使いたくない場合もありますよね。

 

例えば、Windows10が入っているパソコンをソフトへの対応状況などの関係でWindows7にダウングレードさせたい場合があるのではないでしょうか。

 

この記事では、中古パソコンを購入した後に別のOSをインストールできるのか、その謎に迫ります。

スポンサーリンク

後からより古いOSをインストールし直すことはできるが、ちょっと難しい

例えばノートパソコンで、現在はWindows10が入っているものの元々はWindows7が入っていたはずの機種の場合。

 

この場合は、リカバリのデータがあればWindows7にすることができるでしょう。

 

しかし初めからWindows10が入っている機器の場合この方法は使うことができません。基本的には、Windows7のインストールは不可能ですね。

 

HDDのデータを削除したり新しいHDDと交換したりして、OSを新規インストールするという方法なら、スペックに問題なければ別のOSの再インストールは可能です。

 

ただOSを入れ直す際はドライバを入手しなければパソコンの機能がいくつかうまく作動しなかったりするので、初心者へのハードルは結構高いですね。

 

初心者は新たに別のOSを入れ直すよりも、初めから目当てのOSが入っているパソコンを購入することをおすすめします。

より新しいOSにすることも可能

逆にWindowsXPのパソコンをVistaや7などに、Windows7のパソコンを8や10にといったように、新しいOSにアップグレードすることは可能です。

 

アップグレード用のOSを入手し、パソコンに入れればアップグレードが簡単にできます。こちらは初心者の方でも大丈夫です。

 

ただしVistaから一気に10へアップグレードすることはできないなど、アップグレードには制限があります。

 

古いOSから一気に最新にする場合は、クリーンインストールという方法を使いましょう。

 

アップグレード版ではない新規インストール用のOSを入手してインストールすればOKです。

スポンサーリンク

MacにWindowsを入れることはできるが、反対は不可

MacのパソコンにWindowsのOSを入れたい場合は、Macの標準搭載機能であるboot campを利用したり、ParallelsなどWindowsをインストールできるようにするソフトを購入することで対応できます。

 

boot campはインストールできるOSに制限がありますが、ParallelsならWindowsXPなど古いOSやLinuxのOSもインストールできて便利ですよ。

 

反対に、WindowsのパソコンにMacintoshのOSを入れることはできません。MacintoshのOSのパソコンが欲しければapple製のパソコンを購入して下さい。

まとめ

中古パソコンのOSは、今パソコンに保存されているデータが消えても良いならクリーンインストールで別のOSにできます。

 

しかしデータをそのままの状態でダウングレードしたり、古いOSを一気に最新にしたりすることはできません。ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク