今回はASUSのAndroidタブレットについてお話していきます。

スポンサーリンク

中古AndroidタブレットはASUSのものがおすすめ

Androidタブレットは様々なメーカーから販売されていますが、今回おすすめしたいのはASUSのタブレットです。

 

ASUSは台湾の会社で、日本でもパソコンやスマートフォンなど様々な製品を販売しています。

 

ASUSが現在販売しているタブレットPCは、ZenPadと呼ばれるシリーズです。

 

パソコンのZenBook、スマートフォンのZenfoneに並ぶ「Zen(禅)」の名がつく機器で、最安値の機種「Z370C」ならば新品でも15000円程度と、とても安価なことが特徴です。

ZenPad S 8.0は2015年に発売された最新のタブレット

 

ZenPadで一番高性能・高機能なモデルである「ZenPad S 8.0」。この機種はタッチペンに対応していて、画面も2048×1536という高解像度なことが特徴です。

 

その唯一の欠点は、価格が4万円程度と非常に高価であることでした。

 

しかし、現在中古でこちらの機種はなんと、25000円程度から購入することができるようになっています。

 

発売からまだ1年経っていない「ZenPad S 8.0」。まだまだ中古市場にはバッテリーが劣化している機種は少ないでしょう。ぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

画面のアスペクト比はiPadと同じく4:3となっていますので、昔のテレビ番組を見たり、インターネットを見たりするのにはとても魅力的です。

 

近年のワイド画面に対応したテレビ番組や映画を大きな画面で楽しみたいという方は、他の機種のほうが良いかもしれません。

 

例えば、「S」の付かない「ZenPad 8.0」は16:9の画面です。解像度では1280×800とSには劣りますが、ワイド画面の動画を中心に楽しみたい方は、こちらでもいいでしょう。

スポンサーリンク

MeMOpadもまだまだ使える

 

ZenPadよりも前に展開されていた、MeMOpadというASUSのタブレット。しかし、実際のところこれらの機種はそれほど古いわけではありません。

 

一番新しいMeMOpadは、2015年に発売されています。つまりこれらはまだまだ新しく、実用にも耐えうるタブレットです。

 

MeMOpadの初期状態のOSは4.4.2と少し古いですが、それでもこの程度ならばほとんどのアプリが対応しています。

 

そしてなんと、OSのアップデートによってMeMOpadはAndroid5.0にバージョンアップすることができます。

 

2016年現在の最新のOSは6.0.1ですが、ほとんど搭載している機種はありません。5.0ならば十分最新のOSです。

 

MeMOpadは、安い型番のものであれば中古価格8000円前後で購入することができます。

 

ZenPadの新品が15000円程度で購入できてしまうので、今から中古でMeMOpadを購入するのであれば、中古相場が1万円以内の安価な機種がおすすめです。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク