CPUには、Intel製とAMD製の2種類があります。日本で現在人気があるのはIntelのCPUで、MacやWindowsのノートPCなどにも主にIntelのCPUが搭載されています。

そこで気になるのは、AMD製のCPUを購入して自作する意味はどこにあるのかですよね。中古ショップでも新品のパーツショップでも、AMD製のCPUを入手できます。

この記事では、AMDのCPUを使ってPCを自作するメリットについて解説します。PCの自作を考えている方は、ご覧ください。

スポンサーリンク

AMDのCPUは、GPU性能がIntel製のCPUより高い

Intel製のCPUは画像処理性能が低いため、別売りのグラフィックボードと合わせて使用することで画像をモニターにより綺麗に映し出せるようになります。

 

一方、AMD製のCPU(APU)はグラフィックボードとCPUの機能が両方存在しているため、Intelのものよりも画像処理の性能が高いことが特徴に挙げられます。

 

IntelのCPUだとグラフィックボードを別に購入しなければできないことがCPU単体である程度こなせるのは、AMDのCPUを購入するメリットですね。

価格がIntelのCPUより安いのも魅力だが、性能ではやはりIntelが有利

IntelのCPUは、価格が高いのが難点です。新品だと5万円近いものもあり、中古で購入するとしても、性能の良いものはお金がかかってしまいます。

 

AMDのCPUは、Intel製のものに比べて安価です。ハイスペックなモデルでも2万円台となっています。

 

しかし価格に差があることからわかるとおり、やはり本格的に高性能なパソコンを作りたいならIntelのCore i7などを購入した方が満足できると考えられます。

スポンサーリンク

AMDのCPUは、動画のエンコードやサーバーでの利用におすすめ

AMDのCPUは画像処理に優れているため、動画ファイルの変換(エンコード)や、コア数が多いCPUが安く買えることから、自宅で使うサーバー用PCへの搭載におすすめです。

 

コア数が多いと、カンタンに例えればお店の従業員がその分多いことになるため、データの処理が素早く行うことができます。

まとめ

AMDのCPUは、「わかっている人」向けのCPUです。そのため、初めての自作PCなら普通に、IntelのPentiumやCoreシリーズで組んだ方が良いでしょう。

 

画像処理やデータ処理に関わる作業をするためのPCを組みたいときに、AMDを検討してみるのがおすすめです。

オススメ!当サイト購入NO1ショップ

中古パソコンショップはデジタルドラゴンがおすすめ。

デジタルドラゴンのパソコンには新品顔負けの保証が付いてきます。

※保証内容はこちら

「パソコンを安く買いたいけど、中古はちょっと…」 という方も安心して購入することができます。

また、パソコンがあまり得意でない方向けに、サポートも無期限で付いてきます。

何かトラブルがあってもメール・電話で一発で解決できるのも嬉しいですね。

やはりコスパ・充実した保証・手厚いサポートを求める方が多く、デジタルドラゴンはぶっちぎりで『当サイト人気NO.1』となっています。

中古パソコンをお探しの方は、デジタルドラゴンをぜひチェックしてみてください。

デジタルドラゴン公式サイト:https://www.uricom-net.com/

スポンサーリンク