2016年は、MacBookに大きな変化が訪れた年でした。

 

この記事では2016年版MacBook Proと、MacBook Airの今後について解説します。

 

MacBookシリーズを購入しようと考えている方は、ご覧ください。

スポンサーリンク

新型MacBook Proは賛否両論、ヘビーユーザーからは不評な意見もある

2016年にはMacBook Proが新発売されました。本体が薄型軽量化し、キーボードが変更されたりTouch Barが搭載されたりと、大きな変更がなされています。

 

発売されてからしばらく経ちましたが、新型MacBook Proは賛否両論です。不具合の報告が多かったり、仕様の問題があったりと、理由は様々ですね。

 

不具合は、使用しているうちにフリーズすることがあるというもの。しかしこれはアップデートで改善されたりもしていて、それほど重要な問題ではないでしょう。

 

MacBook Pro2016年モデルにおける最大の問題は、USB Type-Cの端子しか搭載されていないことです。

 

充電も他の機器との接続も全てこれで行えると言えば聞こえは良いのです。

 

しかしUSB Type-C自体まだそこまで普及していないので、SDカードやUSBメモリなど、多くの機器は接続のために変換コネクターを使わなければいけません。

 

MacBook Proは名前の通り、動画の編集や書類の作成、動画視聴など、あらゆることに使える高性能なノートパソコンです。

 

性能自体は今回も高いのですが、使い勝手が全然プロ向けではないことがイマイチであるといわれています。

スポンサーリンク

MacBook Airは今後なくなる可能性あり

MacBook Proや無印MacBookの新型については、とくに情報がまだありません。ただ一つだけ、今後のMacBookシリーズに関する気になる情報があります。

 

それは、MacBook Airシリーズがなくなるかもしれないことです。

 

気軽に持ち運ぶノートパソコンとしてはMacBook、プロ向けの用途としてはMacBook Proが勝っていてどっちつかずになっているMacBook Airですので、これは可能性が高いのではないでしょうか。

 

MacBook AirはUSB端子が普通に備わっていたり、SDカードスロットがあったりと、使い勝手の良い機種です。新品で欲しい方は今のうちに入手しておいた方が良いでしょう。

まとめ

MacBookに変革が起きた2016年。2017年はこれといって新しいことが起こる情報がまだ出ていません。

 

MacBook Airがどうなるのかに要注目です。

>>【管理人伝授】失敗しない中古パソコンの買い方とおすすめショップ厳選5店<<

スポンサーリンク